俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

青天に冴えわたりて美たんぽぽ黃

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

見たまんまです

最新の添削

「青天に冴えわたりて美たんぽぽ黃」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

辛口にいきますが、経験上、コメントで「見たまんまです」と書く人で、見たまんまを書けている人が少ないです。
この句もまあまあ・・・

◆この句では、青天の中(つまり上空)にたんぽぽがありますね・・
 綿毛かと思ったら「黄」ですし・・
 原因は「青天に」の助詞「に」だと思います。
◆「冴えわたりて」・・冬の季語「冴える」です。
 そして、冴えわたっているのは何でしょう?おそらく「空」だと思うのですが、そういうつながりになっていません。
 こちらも原因は「青天に」の「に」だと思います。
 青天(空)に別の何かが冴えわたっているなら「青天に冴えわたる○○」と「に」で場所を表せばよいと思いますが・・なので「青天に冴えわたるたんぽぽ」という意味に見えるのです。
◆「美」「黄」が音数調整に見えますね。
 「美」は何が美しいか繋がりが曖昧になっていますし、たんぽぽは「黄」と説明しなくても黄色いので、音数が一音足りない苦しまぎれに「黄」と置いたように見えます。
◆青天(空の意味。見上げる)⇒たんぽぽ(足元?)の視線移動も、かなり厳しいかと・・
 たとえば「晴天」だったら空の意味より「晴れている」という意味が強くなるので、そこまで高く見上げる必要はないのですけど・・という問題でもないですけれど。

中七にある季語の「冴えわたる」をあきらめて、もうちょっとたんぽぽとその周辺の描写に音数を使った方が良さそうです。

・晴天の青色たんぽぽの黄色

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

啓蟄や子は虫のよう跳ね遊ぶ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

プールにて海難の女子彼疎遠

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

四分一の花火の見ゆる窓の外

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『青天に冴えわたりて美たんぽぽ黃』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ