俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋晴れや鳶悠々と田は黄金

作者 やん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一昨日、滋賀県にドライブに行って、つくりました。見たまんまの句です。一工夫の仕方がわからず・・・

最新の添削

「秋晴れや鳶悠々と田は黄金」の批評

回答者 負乗

やん様、初めまして。

「一昨日、滋賀県にドライブに行って、つくりました。見たまんまの句です。」
というコメント… 私は、この句はこのままで良いと思いました。
三段切れに…なるのかな…?
景がよく見えて、力強くて、歯切れよく感じました。鳶と黄金の田んぼは、一つの風景ですよね…。
中七、下五を入れ替えて、
「秋晴れや田は黄金に鳶悠々」
とかもできますが…どうでしょうか…

他の方の提案句より、原句は、私にはフィットしましたよ…😓

宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋晴れや鳶悠々と田は黄金」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

一工夫というか、まずは基本を見直したいように思います。
この句では「季語」と「五七五の接続」です。

◆「田は黄金」秋の田んぼことですね? 意図的に言い替えているのかもしれませんが、秋の田んぼの映像と季節感が強く出ていますので、冒頭の「秋晴れ」と実質的な季重なりになっています。
 映像のしっかり出ている田んぼの方を「秋の田」「稲田」などの季語に変更し、鳶の飛んでいる風景は「空」「晴れ」でよいのではないでしょうか。
 あるいは「鳶が悠々と(飛んでいる)」のがわかれば、空を見ていますし、悪天候ではないです。わざわざ「空」「晴れ」と言う必要もないかもです。

◆【秋晴れや/鳶悠々と/田は黄金】三段に切れていますね。「空」と「鳶」はつながるので、構成を変えればなんとかなりそうです。

元句をある程度生かして

・晴天を鳶悠々と田色づく

ここから、

・秋の田や鳶悠々と回りをり
・鳶高きところを飛べる稲田かな

こんな感じでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋晴れや鳶悠々と田は黄金」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

やんさん、こんにちは。
御句拝読しました。
先にイサクさんからしっかりとしたアドバイスが出ていますので私は簡単に済ませますが、見たまんまをお詠みになるのは結構なことですよ。ただそれを全部詠み込もうとすると、何しろ十七音しかありませんので一杯になりがちです。何かを落とすか、これとこれは一緒に出来るなとか、同じことだなという具合に省略していく。これが一番の工夫ですね。

あと、提案句置かせてください。御句では「鳶悠々と」という措辞が印象に残りましたので、これは残したいと思いました。

・秋の田の上を鳶の悠々と

鳶をとんびと読みたいです。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋晴れや鳶悠々と田は黄金」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

さっそくですが御句、秋風は季語、鳶悠々、田は黄金とそれぞれ重さがあり、積載過剰になっています。

俳句にはまず主題がひとつの要素、それは季語の場合もあるしそうでない場合も、要は作者が最も称えたいものを一つ置く。

もうひとつは副題とそれを修飾する語句の
グループ。

これらの二つの要素には大体それぞれ同じウェイトを持たせる。

御句、鳶が悠々と飛ぶぐらいなので秋晴れはカットしても良いのではと考えます。
”稔り田や鳶悠々と旋回し

ご参考いただければ幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋晴れや鳶悠々と田は黄金」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。

季語が主役であるべきかについては夏井いつきさんは、季語は主役と主張しています。

一方で、季語は必ずしもという記事もあり、事実過去にそれを裏付ける俳句はたくさんあるとのことです。夏井いつきさんへの投句は季語を主役にした方がいいのかなと。

ご参考迄に。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

トマト採るツーブロックの背伸びかな

作者名 コウ 回答数 : 10

投稿日時:

冬の霧轟音と灯が朝を告ぐ

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

百千鳥ひとりキャンプの暗き昼

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋晴れや鳶悠々と田は黄金』 作者: やん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ