俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

エルマーのつづきはあしたママの布団

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

娘が寝るときはママの布団に入り、保育園で借りてきた絵本の読み聞かせをしていました。「エルマーのぼうけん」はお気に入りの1冊。
けっこう長いので1日に1章ずつ、「次はどうなるんだろう」と楽しみにしながら眠ってました。読んでる途中で寝ちゃうことも多かったですが。

下六の字余り、ゆったりした感じになるかなぁと思いましたが、素直に下五にした方が良かったかなとも思います。一つの練習ということで。。

最新の添削

「エルマーのつづきはあしたママの布団」の批評

回答者 めい

慈雨さま。ありがとうございます。
ずっとずっと、蜜柑の木に祈ってました。
蜜柑を見ると泣けてきます。
お祝い返しの1点です。
また、よろしくお願いいたします。ふ

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「エルマーのつづきはあしたママの布団」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、慈雨さんの句にしては、コメントがないので気になっていました、河合らしい光景ですね~✴
下五の六音は、んで終わる場合気にならないのですが、御句の場合中七で切れてるので、ママの布団を入れると流れが悪いように思いますし、子育て中の方は分かるかもですが、エルマーは私には分かりませんでした😓

「あしたへと続く絵本の寒夜かな」
「あしたへと続く絵本や夜半の冬」

平凡な時候の季語になってしまいましたが…😓
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「エルマーのつづきはあしたママの布団」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

慈雨さま。お世話になっております。
エルマーの知らない私でも、情景が、浮かび、微笑ましい雰囲気が、よく、でているなあと感じました。
ただ、季語がちかいのではという、感が、否めません。
ここは、思いきって、季語は、夜空へ。

エルマーの続きは明日冬銀河
子供たちも夢の中の冒険へゴー。

また、よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「エルマーのつづきはあしたママの布団」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

慈雨さま。再訪です。なんとか布団に近いもの、調べました。

▪エルマーの続きは明日ママの夜着

布団の役目をします。

また、よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

出航の船尾追ひたる春かもめ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

竿出して夏うぐいすの鳴くを待つ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

寒禽の鋭きままに森に入る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『エルマーのつづきはあしたママの布団』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ