俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昂りを線香花火の鎮めおり

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はしゃいだ休日の締めくくりに花火。その最後は線香花火ですが、「ああ、休みも終わりか」と思うものですよね。少し時期が遅ければ「夏」を惜しむ感じに。

最新の添削

昂りを線香花火の鎮めおりの批評

回答者 三日酔いの防人

鳥越暁様、今晩は。
あるあるな光景を詠むのは勇気が入ります。
昂りと鎮める対比は良いと感じました。その中で上五が少し抽象的であると感じました。
添削ではありませんが、私は単身赴任中ですので
吾子をまず線香花火の鎮めおり
とご提案致します。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「昂りを線香花火の鎮めおり」の批評

回答者 まちる

私の勝手にいじってしまうと

「昂りの線香花火と消えゆかん」

『消えゆかん』の部分がもっとかっこよくなりそうですが、こんな感じにしたくなっちゃいます。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「昂りを線香花火の鎮めおり」の批評

回答者 東次郎

こんばんは🌃
「青柳」にコメントを有難うございますm(__)m

私の歳時記「いちばんわかりやすい俳句歳時記」辻桃子(著)には、「柳」の傍題として枝垂柳・糸柳・青柳・柳の糸・門柳・川端柳・泥柳、がありましたm(__)m

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

銀世界煌めく心氷のよう

作者名 大出詩保子 回答数 : 4

投稿日時:

ビル群のすき間に見ゆる冬茜

作者名 彩雲 回答数 : 1

投稿日時:

ぶらり旅瀧谷不動の青時雨

作者名 上平 えりな 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昂りを線香花火の鎮めおり』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ