俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

逆風に身を任せたる枯れ葉かな

作者 もんな  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

生きていればどうしても避けられない辛さに出会います。でも必ずいつかは穏やかな風になると信じている、心の中に映った景色です。
もう少し心が温かくなるような句にしたいのですが。

久しぶりの投句です。
宜しくお願いいたします。

最新の添削

「逆風に身を任せたる枯れ葉かな」の批評

回答者 なおじい

もんなさん、こんにちは。
色々ありまして少しお休みさせていただきましたが、温かいお言葉有難うございます。またよろしくお願いします。

拙句にコメント有難うございました。いい読みをしてくださいますね。感謝です。

私もおかえさきさんのこ提案句のように、最初は「友」でなく広く世間を示す「人」としていたのですが、投稿直前に、実際の友人が思い浮かんでしまって「友」にしました。

さて御句、これまた深い句ですね。もんなさんの思いが強く出ています。
確かに枯葉には「逆風」はないでしょうね。その意味では、

・吹く風に身を任せたる枯葉かな

ただ、風は吹くもの。そうだとすれば、「強風に」のほうがいいかもしれません。

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「逆風に身を任せたる枯れ葉かな」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

もんなさんこんにちは。

御句
心情が出ている句だと思います。
ただ、逆風は進行方向とは逆方向に吹く風のことなので、枯葉を描写した俳句としてはおかしな気がします。枯葉は自分では進めませんからね。

例えばこんな句はどうでしょうか。
・『風に身を任する枯葉われもまた』

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「逆風に身を任せたる枯れ葉かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

もんな様

こんばんは。
お久しぶりです。コメント頂けて嬉しいです。
星月夜の拙句、素敵に鑑賞して頂きありがとうございます。
ビール工場はサントリーなんですね😊

「や」と「かな」ですが一句に同時に使うのは嫌うと聞きました。
共に詠嘆が重く響くので一句の中心が二つになるのを恐れるらしいです。
もちろん、そうならない句もあるのでしょうが🤔

御句、拝読しました。
もんな様何かお辛い事があったのでしょうか?
俳句には何か心の内を出させる力もあるように思います。
確かに郷里様の仰るように枯葉に逆風?
枯葉にとって逆風かどうか?となりますが
枯葉は自分の意思で進路を決めないので
その意味ではどちらから風が吹いて来ても抗わずです。
時には身を任せるのも良いですね。抗うと無駄に労力使うこともありますし(^_^;)
そのうちに周りの状況が勝手に変わると言うこともありますしね。

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「逆風に身を任せたる枯れ葉かな」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、お久しぶりです、土屋さんの仰る事も分かりますが…心情句の得意😅な私としては理解出来る句です!
俳句の先輩から心情句は季語にいかに託せるか?がと言われた事が有ります、心情句の名句も沢山ありますね、
御句、御自分の気持ちを枯葉に託したのですよね?禍福は糾える縄の如しで、いろんな事が起こります、私も中年以降色々ありまして、最近身内が亡くなった事でまた問題が…今世、どれだけ宿題を持って生まれて来たのだろうって思う時も…時間が解決してくれたり、あの世へ行って分かる事もあると考えています。
土屋さんと似てるかもですが…

「逆風に身を任せたる吾と枯葉」

吾=あとお読みください(季語が生きてないかな~?)
きっと時間が解決してくれますよ!
お互い寿命が来るまで頑張りましょう💪ごめんなさい、もんなさんはもっとお若いでしょうね😓
※句は忘れましたが、もんなさんの句のコメントに叔母さまの言葉で、歳を取ると思い出に生きるみたいな言葉が心に残り、「思ひ出は生きる力に吾亦紅」という句を投句しました。
読んでみていただけますか?
またの投句楽しみにしています!

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「逆風に身を任せたる枯れ葉かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

もんな様 おはようございます。
お世話になります。
御句
お二人様が良いコメントを書かれているので提案句だけです。
どこなりと風のまにまに枯葉ゆく
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

こぞの秋勲章受けし師は雲上

作者名 素一 回答数 : 9

投稿日時:

鴎鳴く声の遠くて伊豆の海

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

新品のスコップ買うて雪下し

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『逆風に身を任せたる枯れ葉かな』 作者: もんな
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ