俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋空と大地は我を挟みをり

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いします。

最新の添削

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 やまの はるか

こんばんわ いつもお世話になります。
秋時雨にコメントありがとうございます。
自分としては あ 急行が行っちゃった と 急行が止まらないと どっちにするか 迷ったんですが まぁ どっちでもいいか ぐらいの気持ちでした。なおじい様もこま爺さまも 『通過する、止まらぬ』を提案して下さってるとおり ゛静 ゛の風情が良かったですね 半端な気持ちの句意に 丁寧にコメント頂き ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

器が大きく気持ちが良いですね。
ただ、挟むはちょっと詩情に欠けるかと、私なりに推敲してみたくなりました。
”秋空と大地優しく我包む”

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

おはようございます😊感じさん♪
いつもお世話になっております。
「ヨン様」の句にコメントありがとうございます。大当たりの予告ですね☆☆☆👏
演出のワンシーンから句作する感じさん♪面白い!!私もやってみます✍️
またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「秋空」「大地」「我」と要素が多く、やや散漫さを感じます。

その中でも「我」が強く出すぎているのが気になります。挟まれている自分を出す必要があるのかどうか?「我」以外のあらゆるものも、空と大地に挟まれています。
季語は「秋空」。「挟む」という言い回しのため「秋空」と「大地」が並列になっているので、この句では「大地」が「我」よりも優先と感じています。

で、「大地」の映像。「大地」という言い方では映像が漠然としているようです。野原、都会、里山、土くれの荒野、もっと地球的な映像、可能性がありすぎて発散してしまいました。頭の中でどういう映像を補完したらいいのでしょうか。

句意を変えないと、私の腕では提案句が出せませんが・・「挟む」という表現をあきらめれば「大地」を脇役に回して「秋空の下の我」の映像が出てきそうです。本来の句の意図はこちらかと思いました。

・秋空や大地に我の立ちをりて

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

感じさん再訪です。
先ほどは、お礼だけで送信してしまいました。 御句、拝見させて頂きました。
秋空と大地に、自分は「挟まれている」という感
覚は、俳人のこころだな~と思います。
・秋空と大地に〇〇〇触れにけり
・秋空と大地の中を触れにけり
ぼやけた句になりすみません。
またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

感じさんこんにちは。貴句読ませていただきました。
スケールの大きな良い句と思いました。
すでに良い提案句が出ておりますので、いまさらですが頑張らせて下さい。

大地ふむ吾にかぶさる秋の空

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

感じさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私は、秋の空というとどこまでも高く澄んだ高い空を想像してしまうので、そこと地面に「挟まれる」という感覚がちょっと理解できませんでした。

挟まれる雰囲気を出そうと、季語を何かどんよりと重く垂れ込めた空にしようかと探しましたが、秋ではなかなか難しかったです。

それと、俳句は基本的に「我」のことを詠むので、他の人を挟むこともないので「我」は必要かな?とも思いました。

しかし感じさんのことですから、あえて入れたのだろうと。

そこで私の提案ですが、「我」は残して、「挟まれる」は、そのニュアンスは残して言葉は変えてみました。

・秋空の下の大地の上の我

下五、「上に我」と迷いました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋空と大地は我を挟みをり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

感じ様 おはようございます。
お世話になります。
拙句秋しぐれのコメントありがとうございます。
ご丁寧にいろいろご指導ありがとうございます。
とても勉強になります。
遠来の友かえりゆく秋しぐれ
と詠みかえてみました。
御句
コメントがないので風景が見えませんが、大地の広がりと秋の大空の広がりを詠んだのではと想像しました。
我を詠まず場所を入れてはどうでしょうか?
未熟なので提案はできませんので、よろしくお願いいたします。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天下兵どももバテてます

作者名 緋夢灯 回答数 : 3

投稿日時:

芋煮会立つ湯気風にのりて空

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

舟べりを打ちて返すや秋の波

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋空と大地は我を挟みをり』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ