俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

納涼を我詠み詩は凡句なり

作者 菊池清庵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句は初心者ですが、宜しくお願いします。

最新の添削

「納涼を我詠み詩は凡句なり」の批評

回答者 なおじい

菊池清庵さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
俳句は初めて」とのことですが、詩とか短歌とかは、やっていらっしゃったのですか?

御句、「納涼」という季語は使われていますが、まるで生かされておらず、正直、何をおっしゃりたいのかわかりません。
おそらくご自身の俳句あるいは作句力を謙遜していらっしゃるように思いますが、そのようなものは聞きたくありません。

ご自身の能力を卑下して私たちにお伝えになるよりも、納涼の光景を伝えてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

去年今年侍りたるかな句の世界

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

シヤッターチャンス待ちて日傘の五つ六つ

作者名 しお胡椒 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

根無し草ふらり流れて春の夢

作者名 いつき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『納涼を我詠み詩は凡句なり』 作者: 菊池清庵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ