俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

知る顔も見知らね顔も芋煮会

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

過ぎたお題で、度々すみません<(_ _)>こちらも考えていたのですが…
芋煮会経験ありません、想像で
(なおじいさんのコメントを読みまして…)
※今日20日でしたね!ポストの締め切り忘れていました、
大した句ではないのですが、一応考えていました😥

最新の添削

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 ちゃあき

こんばんは。おかえさきさん、もんじゃ焼き屋の拙句にご意見ありがとうございました。お好み焼き屋にしようかなと思ったのですが、中八になってしまうし...そうだ、もんじゃ焼き屋があったじゃないかと深く考えずに後は支部へ...。(笑)
俳句ポスト中級入選おめでとうございます。
「夜に爪を切るもんじゃない。親の死に目に会えないぞ」と親から言われたもんですが、今じゃそんなこと言わないし気にしないのかなと思って作ってみました。
さきさんの入選句、非通知の...というところが工夫されていていいですね。

芋煮会の御句ですが、見知らぬ顔 でいいのですよね。係り結びだと「知らね」になるのでしょうけど、「こそ」がないので。(参加者の顔こそ知らね芋煮会...とか)
気になったものですからすみません。
知る人でもよさそうですが、「顔」と具体的な人体の部位を描いているところが、より温かみのあるいい句になったのだと思います。
竜子さんへのコメントを読んだんですか?そうなんです、高尾山は八王子なんです。確か なおじいさんの御先祖様が高尾の出だと仰っていたと記憶してるんですが、間違ってたらすみません。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

おかえさき様 こんばんは
お世話になります。
御句
芋煮会の雰囲気がでて良い俳句と思いました。
私も未経験ですが、芋煮会はこんな感じではないかと思いました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
そして懺悔します。
私も本当の芋煮会は、経験ないのです。
当地の地域イベントで、大鍋にお肉や季節の野菜をたくさん入れて煮込み、それを地元の一流レストランのシェフが味付けをしてみんなに振る舞うというのがあり、出来上がる何時間も前から長蛇の列です。
私もいただいたことありますが、美味しくて、あとバンドの演奏や出店もあってとても楽しいイベントです。
これを芋煮会とダブらせて、思いをつなげて作句したりコメントしていました。

「芋煮」は、すみません、よく見たら、芋煮会の傍題になっていませんでした。でも、「芋」が季語ですから、芋煮は、芋煮会と切り離して考えるべきですね。
知ったかぶりして申し訳ありませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

おかえさき様 おはようございます。
お世話になります。
拙句秋しぐれのコメントありがとうございます。
ご提案も勉強になります。ありがとうございます。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おかえさん、お早うございます
貴句まさしく季語「芋煮会」の本意ですね。
いいと思いました。
秋の味覚「里芋」を「煮て」皆で味わう!
顔見知りもそうでない人も!
季語「芋」「芋煮」「芋煮会」
どの季語も秋の味覚「芋」を味わうと言う意味では共通なのではと思いました。
因みに私の角川歳時記には季語「芋煮会」の子季語として
「芋煮」が載っています。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「知る顔も見知らね顔も芋煮会」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おかえさんお早うございます
返信ありがとうございました
提案句、「無音なるかな」が秀逸ですね。
私も「説明」「描写」に悩むところです。
話変わりますが、料理の出来る夫ではなく、料理をしなくてはならない夫なんです。妻が長らく臥せっておりますので。でも毎日楽しいですよ。俳句があるので。またよろしくです。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

五月雨が泪のように降ってくる

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

夏つばめ駅舎の雑踏かすめ飛ぶ

作者名 綱子 回答数 : 2

投稿日時:

すききらいいつもきらいね秋桜

作者名 めでかや 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『知る顔も見知らね顔も芋煮会』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ