俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老夫婦三日つづけて芋煮かな

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句のお礼コメントを終えて投句しようとしたら…お題変わってしまいました😅(全てのペースが鈍いです)
これは我が家の事実です、芋煮とかは色々入れると二人にしてはたっぷり出来て…最後は少しうんざり、夫は本当は汁物は具が少ないあっさりした物が好きみたい😓だけど食べてもらいます!
季語が動く?鮮度が落ちるでしょうか?
500点越え(段ではありません😓)の記念に、もう少し佳句と思いましたが…

最新の添削

「老夫婦三日つづけて芋煮かな」の批評

回答者 ケント

おかえさん、こんにちは。
再訪です。
500点は、「コツコツ君」が認めてくれてますよ。
なおじいさんから、季語についてのコメントが入っておりましたのでお邪魔しました。なおじいさんは、あくまでも季語芋煮会の本意をご教示されていると思います。(なおじいさん、横からすみません。)
でも貴句は、季語「芋」の句と捉える事が出来るので、なんら問題なく佳句と思います。
秋の味覚、里芋を煮て味わう!
お題「芋煮会」で作りましたと言わなければいいと思います(笑)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老夫婦三日つづけて芋煮かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おかえさん、こんにちは。
貴句読ませていただきました。
面白さと共に俳諧味もあり佳句と思います。
ふたり暮らしだと、どうしてもそうなりますよね。特に芋煮などは二人分などは作れないので鍋いっぱいになります。
我が家もそうです。おかえさんところと違うのは、うちでは作るのは私ですが(笑)。
若い頃なら

若夫婦五日つづけてカレーかな

そんな頃もあったような気がします。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦三日つづけて芋煮かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
御句拝読しました。我が家ではおでんがそうなります(笑)。先日、とある句選にもそのような句を投稿しましたが、あるあるかしら。

さて御句、「芋煮」という季語ですが、確かに芋煮会の傍題になっているようです。
ただ、私がちょっと気になりましたのは、芋煮会というと、あの、秋晴れの下、河川敷とかでおおぜい集まって、大鍋でたくさん作ってワイワイガヤガヤと親睦を深める、という風情がありますよね。
しかし御句ですと、普通のおかずのようになっている。それでもいいのかなぁということです。
もちろん作り過ぎて食べきれない老夫婦のおかしみとかは感じられるのですが、その点がちょっと気になりましたのをお伝えさせてください。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

節分や衣装選びの赤と青

作者名 マサト 回答数 : 6

投稿日時:

花札を買うも正月事始め

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

春一番またもや伸びてをる鼻毛

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老夫婦三日つづけて芋煮かな』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ