俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白桃を食む女に恋したり

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の「白桃の頬の女」の句は、破棄として下さい。
「白桃」が比喩となってます。

最新の添削

「白桃を食む女に恋したり」の批評

回答者 なおじい

感じさん、こんにちは。
御句拝読しました。
白桃、美味しいですね。
もう、「頬」は関係ないですね。

しかし中の句が字足らずなのは何か意味があるのでしょうか?

せっかくの俳句がそこでリズムが滞って流れが悪くなっているように感じます。

「頬」を使わせていただき、

・白桃を頬ばる人に恋したり

「女」と書いて「ひと」と読ませたかったのですが、「女」と書いて「ひと」、「娘」と書いて「こ」と読むのは良くないと聞いたのでやめました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白桃を食む女に恋したり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

感じ様 こんにちは。
お世話になります。
白桃美味しいですよね。高いから手が出ません。
提案句です。
白桃の触ればふ君の頬に似て
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「白桃を食む女に恋したり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

中七が6音ですね。後はもうひとつの句と同じコメントです。

白桃すなはち季語を比喩に使うのは、季語としての鮮度が低い、あるいは季語として働かないのではと思います。それと「恋をした」は散文的過ぎるので遠回しの表現を工夫したいですね。

白桃を見てあの女の人の頬がふと浮かびますという句意で
”白桃にあの子の頬を想いけり”

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

良き竈積む石を探る芋煮会

作者名 佐渡 回答数 : 0

投稿日時:

雨粒を溢さぬように花菖蒲

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

手のひらの結婚線や夏近し

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白桃を食む女に恋したり』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ