俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝ぼらけぽっかりうかんだお月さま小雪ちらちらキブン上々

作者 かいこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はじめまして
今朝、ジョギングしながら見えた満月がとっても美しかったので、あぁかな…こぅかな…と考えながら走ってきました。

俳句はやってもないし、教わってもないのですが
言葉の趣やリズムがステキだな、と感じており
自分の身近な存在にしたいと思っています。
よろしくお願いします!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝ぼらけぽっかりうかんだお月さま小雪ちらちらキブン上々」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

かいこさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
俳句とは五七五で詠むものですが、かいこさんのは五七五七七で、これは短歌という別のものです。

かいこさんの前半の五七五を俳句と扱うことはできますが、できればあらためて、後半の七七の気持ちも入れて、つまりギュッと圧縮して全部で五七五にしてみて、また投稿なさったらいかがでしょうか?
お待ちしてます。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけぽっかりうかんだお月さま小雪ちらちらキブン上々」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。
状況は理解しました。

俳句は五七五の十七音で季語を入れるのが基本なので、前半の

「朝ぼらけぽっかりうかんだお月さま」

ここまでで俳句の形になっています。(季語:月(秋))

後半の「小雪ちらちらキブン上々」を入れるのは、文字通りの蛇足でして・・・
(五七五七七の三十一音は短歌。ふたつめの季語:雪(冬))

それ以上のことは、次の段階で・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春霙石炭坑の閉山日

作者名 世良日守 回答数 : 4

投稿日時:

アイドルの歩く芸術息白し

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

寒月やけふはレノンの忌と思ふ

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝ぼらけぽっかりうかんだお月さま小雪ちらちらキブン上々』 作者: かいこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ