俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

千円の呑まれてゆくや秋の空

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

度々の投稿、失礼します。
忌憚のないコメント等、よろしくお願いします。

最新の添削

「千円の呑まれてゆくや秋の空」の批評

回答者 もんこ

感じさま
いつもありがとうございます。
いやー!驚きました。
「プルーストの失われた時を求めて」が出てくるとは!
ということは、
・秋の空紅茶に浸すマドレーヌ
の方が良かったかしら?
でも、小説の中の一節を詠むのはどうなのでしょうか?ルール違反ですか?

今回の「記憶の蓋」は心の中にある絶対開けたくない蓋だったのですよ。
なのに菊の香で開けてしまうのはいかがなものか?と思えてきました。

この句はダメダメでした、感じさんのアドバイスを参考にまた、この嗅覚によって記憶を呼び起こす心理現象にチャレンジしたいと思います。

御句
パチンコ、パチスロでみるみる千円が吞み込まれお財布がスッカラカンになってしていまいがっかりしながら外にでると秋の空!まるで感じさんのような清々しさ。

というような景が見えました。

またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「千円の呑まれてゆくや秋の空」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

感じさん、こんにちは。
御句拝読しました。
二つの鑑賞が浮かびました。

(1)BIG BOX
我が家から少し行ったところにBIG BOXという自販機があって、千円入れると白い箱が出てきます。何が入っているかはお楽しみ(たまにテレビでもやってます)。たいがいはろくでもないものが入っているのですが、たまに当たりもあるようです。
面白いものを狙って、期待外れのものが出てきて思わず空を仰いだ、そんな様子を詠んだものかと思いました。

(2)食券販売機
最近は、昼食も千円の時代。かつて私は五百円を基準にしていましたが、最近では立ち食いそばしか食べられない。ラーメンも千円時代です。
ラーメン屋さんで食券を買って、あ〜あ、今日も千円か、と思いながら店の外に並んでいるサラリーマンが浮かびました。

全然違っていたりして(汗)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「千円の呑まれてゆくや秋の空」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

中七が冗長ではとの感想です。ゆくとされたのは情景の移り変わりを詠むことを意図されたと思いますが、それが千円札が吸い込まれる姿だとするとやや無理があるかな。はなから自販機を表現することを提案します。
”自販機の千円吸い込む秋の空”

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「千円の呑まれてゆくや秋の空」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました。

早く人間になりたいですね笑

結構最近は本気で俳句に取り組んでで、コスモスも二十句くらい作ってそのなかでこれはと思うものを選んだのですが、まぁ惨敗でした笑
火曜と水曜の壁は大きくて、明確に実力差があります。

こま爺さんからも指摘がありましたが、コスモスと乱れ髪に類想感がありさらに乱れ髪なんかとドヤった感が言われてみるとありました。

いやはや。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕膳に木の芽の薫る潮汁

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

白き木よ白き月夜に星冱ゆる

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

春夜明けモネの睡蓮動きけり

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『千円の呑まれてゆくや秋の空』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ