俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

はらはらとふれゆく花野はるかなり

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花をそっと触れて歩いてみたい。

最新の添削

「はらはらとふれゆく花野はるかなり」の批評

回答者 こま爺

再訪です。

ふれゆく「花野にふれゆく」と係るわけですね。後で分かりました。すみません。
語順を次のようにされてはどうですかね。
”はらはらと花野ふれゆく遥かなる。”

失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「はらはらとふれゆく花野はるかなり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
少し戸惑いましたのは、「はらはらと」という措辞ですが、普通は桜の花びらとか、紅葉とかが落ちる様子に使いますよね。
また、「ふれゆく」がひらがなですので、さわることでいいのかな?とちょっと躊躇してしまいました。

私であれば、ご自身のコメントを参考にさせていただいて、

・そっとそっと触れながらゆく花野かな

とかで、上五字余りですが気を遣っている様を表し、「ふれゆく」を「触れながらゆく」とそのものズバリに書きました。
その結果、「はるかなり」は入り切らなくなりましたが、そもそも花野に「とても広い」意味があると思いましたので、そこに頼りました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「はらはらとふれゆく花野はるかなり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
花野を形容する抽象的な事句だけが全体を埋めており、いわゆる具体性に欠ける句ではないでしょうか。
感想だけで失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「はらはらとふれゆく花野はるかなり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは😐
お世話になります。

「はらはら」〜「ふれゆく」〜「花野」〜「はるかなり」…ハ行で纏めましたね😉
「はらはら」と「はるか」がまた、"あるある語"、ですね… (聞きなれて新鮮味がないので、語呂は良くても、ああ…😴で終わって、しまいかねません。)
いっそ全くの諧謔の句として、「はるかなり」はやめて、
「はらはらとふれゆく花野はるかかな」
何か教材に、なりますかね…😄

しかし、音韻へのこだわり、大いに買いたいです😐

また、宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秘密基地炬燵灯りのリアル感

作者名 かいこ 回答数 : 3

投稿日時:

崖下に泉崖上人家あり

作者名 なおじい 回答数 : 2

投稿日時:

校庭の茶色の雪を食べる友

作者名 いくたドロップ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『はらはらとふれゆく花野はるかなり』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ