俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うつうつと氷とけゆく夜長かな

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。

「夜長」結構作りましたがまとまりません💦
揚句、うつうつがどうか?景がハッキリしないでしょか?

よろしくお願い致します。

最新の添削

「うつうつと氷とけゆく夜長かな」の批評

回答者 感じ

こんにちは😃お世話になります。
御句。しばらく考えておりました。
私も、最近、象徴的、抽象的、俳句に興味あり、高柳重信(というより難解^_^)とかチラチラと。
それはさて置き。御句。
もう一レベル、具体化した方がよいのではないかと思いました。
御句を映像化すれば、わたしは、
「異性二人が、酒を飲んお喋りし、いつしか、寝る。共寝しているかは、わからない。そうして、女性の方が寝入ることがでぎず、溶けゆく氷を見ている」わたしは。
例えば、「短詩」であっても、抽象語ばかりでも、どこかで、言葉補えば、なんとなくイメージわかる、レベルにすることは可能。なんせ、文字制限なし。
おそらく、御句の眼目の措辞は「うつうつと」。
あえて外して、具体物入れてみます。
(参考句)
・マドラーさす氷とけゆく夜長かな
このあたり、私も考え中です。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「うつうつと氷とけゆく夜長かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「うつうつ」の意味合いと後に来る言葉との係り受けがどうかなという感じです。

「うつうつ」は不安や悩みで思い沈む様、あるいはうとうとと眠気を覚えるという意味ではないでしょうか。氷がゆっくり溶けるということであれば「じわじわ」かなと思います。

あるいはうつうつで意味上の切れがあるとも解釈できないこともないですが。

うつうつを変えて、
”じわじわと氷溶けゆく夜長かな”

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「うつうつと氷とけゆく夜長かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

コウ様 こんにちは。
初めましてよろしくお願いいたします。
秋は夜長ですね。
御句は氷は冬の季語ですが、自然界の氷を季語とするようですから、この氷はどうなんでしょうか?初心者には難しいですね。
提案句です。
水割りの氷とけゆく夜長かな
この氷はどうなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「うつうつと氷とけゆく夜長かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

コウさん、こんにちは。
御句拝読しました。
これは私はいいなぁと思いました。
「うつうつと」はなんとなく気が晴れない様子と思いましたが、別に「うとうとする」という意味もあるのですね。でもそれなら「うとうとと」とお詠みになるでしょう。
この場合の「氷」は、水割りとかの人工的な氷でしょう。それなら季語の扱いではないです。ただ、掲句の場合、読みようによっては、「二人の間の氷が溶けてゆく」とも考えられますね。その場合はどうなのかな。でもそれだと比喩の氷だから、これも季語ではないか。

一般的に「夜長」というと、暑い夏が終わり、凌ぎやすくなって、読書や音楽鑑賞とかに親しむものと思ってしまいますが、「秋思」という言葉もあるように、物思いに耽る時間なのかもしれませんね。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ボート借りパンとコーラとアオイソメ

作者名 ありんこ 回答数 : 3

投稿日時:

卒業の後に廃校泣く恩師

作者名 みつかづ 回答数 : 3

投稿日時:

卒業す赤門の朱も見納めか

作者名 肥川 稔 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うつうつと氷とけゆく夜長かな』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ