俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

感想をよろしくお願いいたします。

最新の添削

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 竜子

ケント様 こんにちは。
お世話になります。
拙句今日の月のコメントありがとうございます。
ケント様にコメントを読んで気が付きました。おかえさき様のただただ無言の名句が頭にあったのかもしれません。
大きな夜空を眺めていると自分の小さな悩み事など何処かに飛んでいったような気がしました。
御句
駄菓子屋行ったことありませんが、般若の面は見たことありますが、怖いですよね。
何で駄菓子屋に置いてあるのか不思議に思いました。
そぞら寒いぞっくとする寒さと歳時記にありましたから、般若の面と合うような、それとも近いような初心者には難しいです。
これからもご指導よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ

「そぞろ寒」や「うそ寒」のそぞろ、うその部分を別のところにかけた様な詠み方をしちゃうと、響き合いというよりどうにも理屈っぽくなるきが。。

なんとなく怖い感じ、ぞぞっとするかんじを言いたいのだとおもうのですが、それを季語(の一部の言葉が)説明しちゃっている感じ。説明につかわれてる分なんか季語も弱くなり。。

下五は
「露冴ゆる」とか「秋気満つ」とかにすれば、説明ではなく響き合いによるかなぁと。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

ケント様
そぞろ寒、般若の面の季語と言葉で、心に冷ややかさと季節が移りゆく悲しさ、切なさを感じる事が出来ました。まだまだ暑い日が続きますが、秋を感じられて涼やかに、心地よくなりますね。
それから秋の沼の添削ありがとうございます。綺麗な句にして頂いてありがとうございます。何処の国のどのような絵本だったのか?忘れてしまって残念ですが、この事も童話の途中に描いた少女と妖精の童話を描きましたが、時間がなくて(言い訳💦)某新聞で何の賞にも入りませんでした💦私には、二人の姉がいます。私は姉達には全くおよびませんが、二人がいることで、どんなに恵まれているかを最近つくづく感じます、喧嘩もしますが、比較的仲良い姉妹だと思っています。(弟もいます。優しいと思っています。)

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

誰も回答してなさそうなので。

河童忌は俳句生活という夏井先生が選句する投句サイトの兼題で今日が発表日だったのです。
それ以外に俳句ポスト365とか、おうちde俳句(おうちは有料)とかあってここの皆さんわりと投稿してます。

他にもまだまだ投句先はありますが、道場メンバーのメジャーどころはそんな感じ。

イサクさん、ゲバさんは常に上位で、僕は下の方うろうろしとります。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

ケントさんこんにちは。
我鬼忌への句へのコメント、季語の提案ありがとうございました。
酒の季語を斡旋すると哀愁とか後悔の念が出ますね。
一年以上俳句をやっておりますが、未だに季語斡旋が苦手なので勉強になります。

御句
駄菓子屋というだけである程度の年齢層が予想できますね。
祖父母の家に鬼の面が飾られているのですが、子供の頃はそれが怖くてたまりませんでした(笑)
「そぞろ寒」という季語にそんな気分が出ていて良いと思います。
私はまだ未熟なので提案は出来かねますが、意外性のある季語を斡旋できたら、よりこの句が深くなる気がします。
この句のままでもプレバト的に言うと十分才能アリだと思います。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

あ、いやいや、誤解はしてないですよ😅
ケントさんのコメントから、イヤミを感じたこともないです。というかむしろ僕が誤解をあたえてしもた。
里衣さんからケントさんへやや攻撃的内容のコメントがあったので、喧嘩しないでね。そしてすれ違いってあるよねって言いたかったたげです。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

魑魅の意味ですね。確かに由来は山ですが、転じて化け物と言う意味もあるらしいとで。こんな俳句も、”悴むや岩に魑魅の水の音/古舘曹人”

御句、良いですね。これまでの短歌まがいの心情句からすっかり脱却てすね。そぞろ寒と般若の面の取り合わせが効いてますね。

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

こんな日は冷蔵庫へと逃げ込まむ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

春寒の暗渠の蓋を開けにけり

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

蜩や地球のまわる声のよう

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『駄菓子屋の般若の面やそぞろ寒』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ