俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

赤梨のざらざら指の乾くとか

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

これでいいのかと悩むような句が出来なかったので、句集作成が少し進みました

差し入れになぜか梨があり、梨で詠めないものかと考えてやってみました
私は梨と言えば、近隣の市町村の宮城県利府町のイメージです
利府梨を知っている方はいらっしゃることでしょう

そこでは皮が茶色っぽくて酸味の少ない赤梨(幸水、豊水、長十郎など)が多いようです
私が慣れ親しんだ梨は赤梨のようですので、「赤梨」を活かせるような句であるよう工夫しました

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。
添削句拝読しました。😁
チョッと似合わない感じです。😁
ストーブと温もるは、近すぎますね!。恋心は、ハートだけで伝わりそうです。やり直します。ありがとうございます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 白井百合子

ハオニーさんおはようございます。
コメントありがとうございます。
ハオニーさんのおっしゃていることよくわかります。
自分が何を思って詠んだのか心の中の問題です。
軽く考えないことですね。
それからうるさい人も大切です。

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。添削句、一句め、いただきたいくらいです。投稿はしませんが、。(笑)
「君を使わず自分を詠まず恋の詩」ハードル高めですが、これを私の持ち味にしたいと思っていますので、研究します。ありがとうございます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 東次郎

おはようございます
何時もお世話になっておりますm(__)m

「霧」にコメントと添削を有り難うございました
霧の中は誰しも奔りにくいのは、承知の事実ですね
沢山の友人の中に特別、峠道を奔るのが好きな奴が居りましてね、時々は連んで奔りましたが、その時の奴の事です

確かに「霧峠」窮屈で無理やりでした、しかし私の中では「奴とて」は外せないのです

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。仰ること分かりそうな気がします。恋の詩も同じですね。読者に押し付けるほど、離れて行きますね。俳句の距離感は、凄く重要なことですね。語りすぎず、説明し過ぎず、しかし余りにも抽象的ですと分かり辛くなる。ご指導ありがとうございます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 04422

ハオニーさんこんばんは!本当に本当に丁寧な添削ありがとうございす。勉強になります。又、メモっておきます。添削してくださった句がハオニーさんの句みたいですが、次の句を楽しみに待っています。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 たけたけ

ハオニー様
いつもコメントや添削をありがとうございます。竹内です😌
「白菜」はちょうど祖母と白菜で一句考えていたら、お題が「白菜」でびっくりしました。
「白寿」!
私も「白寿だったら、白、白って揃うなぁ…」と思って白寿を一度入れてみたのですが、なんだかすごく違和感があって…狙いすぎてる嫌らしい感じですかね?😂
「米寿」がやっぱり自然でしっくりくる、ほんとに米寿でよかった…と思いました。

心象風景の俳句は憧れますが、才能とセンスと、隠された何か光るものがないと一人カラオケみたいになってしまいそうで…私の力では難しく、失敗すると恥ずかしくて、難しいです。
だから、心象俳句を作れる方は永遠の憧れです✨
写生句は、ただの報告になってしまいがちなので気を付けています。
俳句に興味をもって2ヶ月たち、「何となく、違うなぁ…。変だなぁ?」は少し気づけるようになってきたのですが、そこから先はまだまだ進めず…
ハオニー様のように突き詰めることができたらどんなに気持ちがいいだろうと思います。
またこれからも「これでいいのか?」という句を作ってしまいますが、モヤモヤの謎をぜひ教えてください。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 たけたけ

ハオニー様
何度も失礼します。
「冬林檎」の句ですが、そんなに誉められるとオロオロしてしまいます。
たまたまです…。
そして、やっぱり、解説を読んでもらわないと伝わらない句は上手ではないかなと思います。
17音だけで、季語が「冬林檎」である理由も伝わるのが上手なんだと思います。
まだまだ、下手なのでもっともっと勉強します…。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤梨のざらざら指の乾くとか」の批評

回答者 04422

ハオニーさん遅い時間に申し訳ございません。丁寧な添削ありがとうございました。
◆ 朝霧をドライブ追いついて仕事
僕には難しい難解な句です。
何度も読み返して頭に入れて頑張ってみます。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

墨香の清しき便りお雛様

作者名 智泉 由紀子 回答数 : 2

投稿日時:

君覗く金黒羽白春の池

作者名 あいこちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

夏料理トマトと葱のドレッシング

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『赤梨のざらざら指の乾くとか』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ