俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

窓越しに子らが手を振り夏おわる

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 長逗留の子供一家を新幹線ホームで見送って、私の夏が終わりました。

最新の添削

「窓越しに子らが手を振り夏おわる」の批評

回答者 ケント

こんにちは。
帰省していた子と孫達を見送るなんとも言えない切なさが滲みでています。このままでもいいと思いますが、せっかくなので、もう少し。
窓越しに よりも 窓越しの の方がリズムとしてもいいかなと思います。

窓越しの子らが手を振り夏終わる(季語 夏終る)
窓越しの子らが手を振り夏惜しむ(季語 夏惜しむ)

最後にもう一句。

窓越しの作り笑顔や夏は行く

無邪気な孫は別として、親と子は、お互いに心配掛けまいとして、こんな時はどうしても作り笑顔になるものです。大丈夫だよー。心配しないでー。
切ない。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「窓越しに子らが手を振り夏おわる」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは

夏終わるで締めるのが良いですね。祭りが終わった様な感じが伝わります。

窓越しに手を振る子らや夏終わる

五感として音を加えて

発車ベル子らの笑顔に夏終わる

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「窓越しに子らが手を振り夏おわる」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは

本句、少し散文的に感じました
中七で切れを入れてみたりすべてを語らずに読者に少し預けてみるのはいかがでしょうか
 窓越しに手を振る子らや夏の果て
 行く夏や新幹線のホームから

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

「窓越しに子らが手を振り夏おわる」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

窓越しを車窓にすれば新幹線を想像できます。夏終わるより秋の訪れの季語に変えてみてはと思います。手を振りは、手振り振りの方が手を振る姿が強調出きるのでは。
”秋めくや車窓に子らの手振り振り”

今後ともよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「窓越しに子らが手を振り夏おわる」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

中村あつこさん、こんにちは🙂
お世話になります。

一瞬が切り取られていて、印象深い句と思います。
私的には、中七、俳句らしい"切れ"を重視して、
「窓越しに子らが手を振る夏終わる」
としたく思いました。

また、宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

爆撃の光豆まき如く散る無用の光

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

睦月去るやSNSを立ちましょう

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

ただの風邪治りの遅く老いにけり

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『窓越しに子らが手を振り夏おわる』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ