俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

河童忌や渓流魚すむ神田川

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

少々、過ぎてしまいましたが某サイトへの投稿し忘れ句です。
神田川には鮎が遡上してくるんですって。
若かったあの頃 ♪ には、考えられないことでした。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「河童忌や渓流魚すむ神田川」の批評

回答者 こま爺

こんばんはめでかやさん。

介護の大変さほ、母と二世帯同居の時期を経験していますので手にとるように分かります。
昨今、時々早朝に軽いうつ病になることがあります。ここ数年先の自分と妻の介護される姿を想像し受け入れようとして、しかし、結局はあるがまま!なすがまま。思考停止!

めでかやさんに頑張って下さいという軽い言葉はいささか躊躇します。
”ブツダの本黄色い表紙に蓮の花”

共に行けるところまで頑張りましよう。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「河童忌や渓流魚すむ神田川」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

神田川に鮎が!すごいですね。
鮎との季重なりを避けたのと神田川に鮎があるという説明願望が渓流魚でさらに強まっているような。

河童忌に鮎が神田川にいるという景(実とも虚ともとれる)にした方が良い気がしました。

河童忌のあゆ迷い来し神田川
河童忌なら迷いくる擬人化もゆるされるきがする笑

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「河童忌や渓流魚すむ神田川」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

めでかやさん、こんにちは。
拙句「トマト食む色鉛筆」にコメント有難うございました。色鉛筆でトマトを描いていたのだが、やめて食べてしまったという句で、自らの表現力の無さを反省しています(笑)。

さて御句拝読しました。神田川と来たら放っておけません(笑)。私の青春はこの川沿いにありました(なんてね)。

御句、「河童と魚」、面白いと思いました。「すむ」が「住む」と「澄む」にかかっているみたいで。
でも、私も提案句をと色々考えていたら、魚が消えてしまいました。

・河童忌に渓流めくや神田川

これ、良くないですか?渓流めけば鮎も遡上しますし河童も泳ぐでしょう?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「河童忌や渓流魚すむ神田川」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
めでかやさんに触発されて、ほとんど推敲なしの句でした。
言い訳は、それくらいにして。
やはり付け焼き刃はダメですね。
芥川が好きで、いつか詠みたいと思っていたところでした。
別の機会にしっかりしたものを詠みたいと思います。
ご助言ありがとうございました。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白菜や熱々を出す定食屋

作者名 ドキ子 回答数 : 1

投稿日時:

猿の腰掛を奉ずる老婆かな

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

入学の式行ふや二年生

作者名 ふり 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『河童忌や渓流魚すむ神田川』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ