俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お遍路や仁淀ブルーが映える秋

作者 これさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

以前 お遍路に参加した時 仁淀川の青のびっくりした様子を詠もうとしたのですが もう一つです

最新の添削

「お遍路や仁淀ブルーが映える秋」の批評

回答者 なおじい

これさんさん、こんにちは。
御句拝読しました。
お遍路が春の季語だとお伝えしようかと思いましたら、卓鐘さんがおっしゃっていますね。これさんさんは実際に参加なさったのは秋だったのですか?

あと私は、「仁淀ブルー」というのを浅学にして知りませんでした。でも言われてみれば、「◯◯ブルー」という清流は各地にありますね。

私の提案句は、「秋遍路」という秋の季語があるような聞きかじりを信じて(笑)、使ってみました。

・秋遍路仁淀ブルーに励まされ

あと、「仁淀ブルー」がこの句のポイントだとは思いますが、よく知らない人のためにバラしてみました。

・仁淀川の碧を励みに秋遍路

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「お遍路や仁淀ブルーが映える秋」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

俳句が客観とか嘘つけ派、「客観写生」とか虚子の詭弁だろ派ですが、確かに、初学者に説明するには便利で、客観(風な)描写の方が詩は出やすいですね。

特に「映える」「映ゆる」が成功することはまずないように思いますね。映えているから句にするんだろうから。「仁淀ブルーが映える秋」と言わなくても、「秋の仁淀ブルー」「仁淀ブルーの秋」で十分映えているとわかりますからね。

あとは「遍路」が春の季語問題もありますね。
そのあたり解消して、

仁淀のブルーよ秋のお遍路よ

くらいでどうかなと。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「お遍路や仁淀ブルーが映える秋」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは
お遍路一回行ってみたいんですよね
憧れます!

さて、本句ですが「お遍路や」で切ると春の季語なので、秋遍路と詠みたいところですが、末尾に秋とあるので難しいところですね、、、
 秋遍路仁淀ブルーが映えにけり
 仁淀ブルー映えたる秋の遍路かな

なお、個人的に仁淀ブルーとの取り合わせなら秋の色/紅葉などと対比してみるのも面白いかと思いました

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

「お遍路や仁淀ブルーが映える秋」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

はじめまして。

映えるは主観ではないでしょうか。事、物の状態をとらえ、言わなくても映えると分かる客観的な描写が望まれます。

客観的に捉えるということについて、今一度お考えください。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

四月馬鹿こころは左右非対称

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

年の豆年の数だと孫不服

作者名 游歩人 回答数 : 7

投稿日時:

彼岸西風捏ねる目の子のうどん生地

作者名 そうり 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お遍路や仁淀ブルーが映える秋』 作者: これさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ