俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

里帰りただ今キャリーバッグより

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帰省した、キャリーケースを持つ娘のただいまの声。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「里帰りただ今キャリーバッグより」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。
すでにいくつかの適切なご指摘が出ていますので、重なる点もありますがご容赦ください。

まず「里帰り」、これは季語ではないですね、「帰省」とは違いますので。
それから「ただ今」ですが、これは「ただいま〜」という挨拶のことだと思いますが、「今」が漢字になっていますので、「現在」のような意味になっています。
さらに「キャリーバッグより」の「より」ですが、この意味が不明です。

・ただいまと帰省の娘キャリー曳き

この場合の「キャリー」は「曳く」がありますので、キャリーバッグのことだとわかってもらえると思います。単にキャリーだけだと歌手もいますが、ここでは大丈夫と思います。

点数: 4

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「里帰りただ今キャリーバッグより」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんばんは。

「キャリーバック」の語が、軽やかで良いですね。(おやじ臭くないです)
明るい娘さんのようですね😉
少し捻って、提案句。
「キャリーバックころころ女帰省せり」

また宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「里帰りただ今キャリーバッグより」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは

コメントがないと意味がわからないかもしれません。こま爺さんが帰省するのだと思いました。

盆休みキャリーバッグの音を待つ
(まだかまだかと待っている様子)

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元旦や母は居間でリスニング

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

糾へぬ糸遊のごと言の葉は

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

凍雪やその白さゆえ父思ふ

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『里帰りただ今キャリーバッグより』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ