俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

四分一の花火の見ゆる窓の外

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の窓から少し花火が見えるんです
「見ゆる」の表現はどうでしょうか

最新の添削

「四分一の花火の見ゆる窓の外」の批評

回答者 中村あつこ

 こんにちは。
拙句かき氷にコメントありがとうございます。
シェアという措辞に若さを感じました。そう言えばカーシェアというのも聞きますね。
 御句、居ながらにして花火見物とは羨ましいですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「四分一の花火の見ゆる窓の外」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

水谷さん、こんにちは。
御句拝読しました。花火の見え方って面白いですよね。でも、ご自宅から見えるとは羨ましい!

さて、「見ゆる」はいいと思いますが、古語にしなくても「見える」でいい場合もあり、それ以前に、見えるという意味が明白であれば動詞自体が省略可能ですから。

・四分の一の花火の見える窓
→ 上五は「よんぶんの」と読みます。これは「の外」を省略しました。ていうか、窓の外に出たら全部見えるのでは?

・窓からは下半分の揚げ花火
季語の花火を立たせましたが、これでは二分の一だ(笑)。

・テラスから右下だけの花火かな
→ 四分の一にしました。外に出られる窓にしました。

勝手にいじくり回して申し訳ありません。何かご参考になれば嬉しいです。

点数: 4

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「四分一の花火の見ゆる窓の外」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはよう御座います。

お家から花火が見えるなんて、羨ましいかぎりです。

四分の一の花火や窓の外

見えているのはわかるので省いても良いかなぁと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「四分一の花火の見ゆる窓の外」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

さっそくっすが「見る」は当たり前ですね。4分の1だが窓は一面と対比させると数字が活きるかと思います。

”四分の一の花火の窓一”面”

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

絵手紙に蜜柑の花のあふれけり

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

磯涼み漁火の先にしのぶ郷土

作者名 トリッピー 回答数 : 5

投稿日時:

川面にはとび散る火の粉鵜は潜り

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『四分一の花火の見ゆる窓の外』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ