俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

五月雨や花散る池の水の泡

作者 西風子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅雨晴間もあるが、降るときはよく降る。庭掃除もままならない。池も花の散ったまま放置している。また雨だ。

最新の添削

五月雨やしとどに池を泡立てり

回答者 イサク

こんにちは。

少し推敲の足りない句のようです。
・「花散る」は季語にありますので、避けた方がよいですね。
・「池の水の泡」普通の池ならば「水」は当たり前なので・・・念のため「水泡に帰す」の慣用句は関係ありませんよね?
・多分ですが、主役を迷ったままの作句ではありませんでしょうか。「雨」「池」「花(桜ではない)」どこに置きましょうか・・・?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ふわもこと甘味のごときけさの雪

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

マクドナルドのトレーに月見パイの餡

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

焚き火消す空より闇が落ちてくる

作者名 イサク 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『五月雨や花散る池の水の泡』 作者: 西風子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ