俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雷や部長の朝に厳めしく

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現役時代の思い出です。部長は月曜日の朝、誰彼ともなく叱りつけるのが仕事でした。

最新の添削

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 佐渡

こま爺さん!こんばんは
コメントありがとうございます。
いろいろな失礼があればお詫び申す上げます。
私もそろそろこの道場を退きます。
幸いなことに尊敬する先生の句会に参加を許されたのでそちらの方に注力することにしたい思います。
短い間でしたが、ご指導ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは

季語の力が弱まるので季語は比喩に使わない方が良いと言われています。
貴句の雷は地震雷火事親父から来ていると思うのですが。

点数: 3

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

実体験共感します。
以前どなたがおっしゃってたか忘れましたが
「が、を、は、に」を使うと説明的になってしまうとありました。一概には言えませんが
ここは朝にでなく
朝のでも大丈夫かと思いました
コメントにあるように月曜日の朝を強調したいのなら「に」もありかもしれません。
コメントとおりに
ちょっと遊んでみました(笑)

月曜日の朝の雷部長かな

叱ると雷は発想としては近いんですけど
言ってないからよしですね(笑)

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

こま爺様、いつもお世話になります。
季語をたたせる、気をつけたい所ですね。
「畦道」は、子供の頃の思い出なのであえて「田んぼ道」にした次第です。
くたくたに田んぼ道ゆく夏休み

行く(ゆく) の所、いそぐにしたかったのですが字余りでした。
こま爺さんの句を参考に考えてみました。
ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、おはようございます。
早速のコメントありがとうございます。
確かに断定した方が面白いですね(*^-^*)。
・「道程」を知らず歩むや蝸牛
なんてのもありでしたね。

さて御句。雷と親父とか、雷と上司とかは、まず一番に思い浮かぶので
俳句の取り合わせとしてはかなり難しいかと思いました。

その点はさておき、「厳めしい」の意味が最初は分からなかったので
コメントの通り、きっと部長がきびしいことを言いまくっているのだろうと想像
致しました。
しかし『厳めしい』を調べてみると『おごそかで重々しい。威厳がある。』
???
部長の朝に・・・だから、厳めしいの主語は部長じゃなくって雷か?。
部長の朝の態度に雷が激しく鳴っている。
部長の理不尽な説教に雷様が説教している。
これならば、最初に書いた部長と雷が近すぎという問題は解決しているかも
知れませんね。

色々と考えさせていただきました、俳句って、考え出すと深いです。
だから面白いのですが・・・。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「雷や部長の朝に厳めしく」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
負乘さんへのコメント負乘さんのお兄さんのことを言ったつもりでした。
言い回しが下手で誤解されたようで失礼しました。
気を付けます。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白日の春の埠頭の防護服

作者名 石垣 回答数 : 3

投稿日時:

梨もぎて顔横並ぶ人々や

作者名 岸本義仁 回答数 : 1

投稿日時:

岸隔て日照雨に憂う想い人

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雷や部長の朝に厳めしく』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ