俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

推敲に暮れたる灯火親しかな

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんな秋の夜があってもいいかなと思い一句。

最新の添削

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 いなだはまち

お世話様です。
こちらに失礼致します。

コメントありがとうございます。
本句は、秋思の関連で詠んでみました。
確かに、ご指摘の通り「近い」と思います。
また、他の助詞も検討しましたが、や以外ピンときませんでした。
に、を、でしたらありだったでしょうか?
いやいやないですね。

街を歩いていると、ヴィアイオリンの音色が、どこからともなく聞こえてきて、その音色に秋の風(訪れ)を感じたという句意ですので、敢えて取り合わせてみましたが、やはり近すぎなのでしょうね。
取り合わせの相手が難しい季語です。

また、宜しくご指導お願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。全く仰る通りです。兼題に苦しんでいる「今」はありますが、句意には今が全く反映されてませんね!推敲でなんとかなるかやってみます。ありがとうございます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 04422

腹胃壮さんこんにちは!絶好の秋日和です。ありがとうございます。まだまだ、対句などは難しいです。推敲に灯火親しむそこまではいきませんが、ご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 ハオニー

この「に」はきちんと使われています
場所+「に」は説明的になりやすいですが、これはそのパターンではありません
「に」よって、として意味が通じるから、省略の美だと受け止めました
このあたりは推敲に暮れたる腹胃様なら、当然ご存じでしょう

「たる」「にし」「ゆく」など、選択肢はいくつかありました
しかし、「暮れたる」が一番だと思います
残りのパターンなら「明けにし」「明けゆく」の方が似合いそうです
当然、このあたりもハオニーに言われるまでもないことでしょう

「かな」で終わるのもなかなかです
そこには可能性がまだいろいろあるのですが、腹胃様ならばいくつか考えたでしょう

私ならば「明けゆく」なのです
想像通り、時間忘れて俳句やるものですから

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 迷々子

カップ麺の句へのコメントありがとうございました。
3分待つのだぞというコマーシャルがありましたね。
いつもフライングで3分前に蓋を開けてしまいます^_^

点数: 1

添削のお礼として、迷々子さんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 ねぎみそ

腹胃壮様、「スヌーズ」の句に添削を有難うございます。
寒くなってから スヌーズで起こされるまでの二度寝の15分間が何より気持ち良くて「寝惜しむ」を使ったのですが、やはり直接的過ぎだったと、腹胃壮様や酔いどれ防人様の添削で良く分かりました。
勉強になります。有難うございました。

点数: 1

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 04422

腹胃壮さんこんばんは!昨日の朝は2℃でした。炬燵にエアコンもう冬です。時雨が合うと思います。ありがとうございます。おっしゃる通りです。コメントは出来ません。次の句を楽しみに待っています。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 東次郎

おはようございます
何時もお世話になっておりますm(__)m

「霜降」にコメントを有り難うございます
実は種明かしをしますと、大好きな辻桃子先生の一句に
☆霜降や立方体の鯨肉
の一句が鮮烈で頭から離れないのです
類想・類句ですがやってみたかったのです
m(__)m

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 04422

腹胃壮さんこんばんは!いつもありがとうございます。コメントは差し控えさせていただきます。旧友で久々を表現出来ますね。勉強出来ました。頑張れないけれど、コツコツと俳句の面白みが分かるように亀の歩みをします。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「推敲に暮れたる灯火親しかな」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。ご指摘の通りです。安易な投句でした。芭蕉のように千回は繰り返せませんが、20回ほどは読み直して投句します。ありがとうございます。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コスモスや幼き吾子の顎に触れ

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

惜春やシール三つのぬいぐるみ

作者名 どきこ 回答数 : 9

投稿日時:

空梅雨や湯屋を出てなおだべる夜

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『推敲に暮れたる灯火親しかな』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ