俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白日傘大きく振りてさやうなら

作者 もんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こちらは、見たことのあるような無いような、想像の光景です。

宜しくお願い致します。

最新の添削

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 優子

もんな様
皆が幸せであるようの添削ありがとうございます。私は、もんな様が考えている様な出来た人間ではありません。自分のしたことを振り返らない、かなり酷い人間です。ただ私の姉はたまに私に意地悪?します。私がそう感じるとその意地悪されたことを私が悪かったと、私が謝ると、何、まだ昨日の事考えてたの?嫌な事はサッと忘れると言われました。私は狡いですが、その姉の言葉に、私が前を向いている原動力になっています。今、私は幸せです。酷い事を家族にしてしまい、しばらくは、かなり酷い態度を二番目の姉からされました。そんな時、私は二番目の姉がどうしたら本当の幸せを得られるだろうと、怒らせてしまった姉の事ばかり考えました。そして私の出来る最大限のことをしました。お金持ちの二番目の姉に私だけ沖縄にもメロン狩りにも連れて行って貰えませんでした。1人になりましたが、皆の幸せだけを考えていました。そうしたら、次のキャンプには誘ってもらえました。別に私は誘って貰えなくても当然と思っていたのにと、凄く嬉しい気持ちになりました。二番目の姉はよく人の動きを見ていて、先回りして何かをしてあげられる、優しい人で、どちらかと云うと、自己犠牲型です。そんなよくできた姉に悪態をついたのだから、酷く悩みました。それなのに姉は旅行に誘ってくれただけでなく、待受画面は娘夫妻を守るような、温かい待受でした。1番上の姉も2番目の姉もとても良い姉達です。私はただただ感謝しかないです。私はやはり図太く鈍感な狡い人間です。1番上の姉が教えてくれた嫌な事はさっと忘れる、を実行しています。上の孫娘はとても私を慕ってくれます。娘も私を後ろから抱きしめたりします。私はこの家族と離れてもいいから、とにかく幸せであってほしいと、1人になり考えさせられたお陰でいろいろな思いやらなければならないという事を孤独になって感じたので、この1人にされたことを感謝しました。この事がなかったら、私は駄目になっていたでしょう。だから私は孤独も好きになりました。ここにいる皆さんが本当に幸せである事を、願ってやみません。もんな様も頑張ってくださいね。げばげば様にも心から感謝しています。この場をお借りしてお礼申し上げます。もんな様すみません🙏💦

指摘事項: 字足らず

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

もんなさん、こんにちは。
再訪です。コメント有難うございました。
「振りて」について、お尋ねですのでお答えしますね。
理由は二つ、動詞であることと促音便のことです。
俳句は基本的に、やったコトの報告ではなく、見たモノの描写であると言われています。ですので、主体となる花とか動物等の動きはいいのですが、それを見る側(作者)の動きはあまり描かないようです(例外あり)。

御句で言えば、句の主体である白日傘の動きを描写するのはいいのです。例えば「揺れる」とか。あといいのは形容ですね。「左右に大きく」とか。
その点、御句の「振る」という動作は、主語(中心)は作者になっていますよね。いけないことだなんて言いませんよ、ですけど季語の白日傘が作者の行為の小道具みたいになっているところに違和感があったのです。

もう一つは、いみじくも負乗さんもおっしゃっているのですが、音便のことです。
御句は「振りて」と古文表記しておられますね。「振りて」は現代語では促音便で「振って」となるのはご承知の通りです。
俳句は古文表記でなくてはみたいに思われていますが、混在しなければどちらでもいいのです。「や」とか「かな、けり」を使った場合な古文表記がいいようですけどね。

古い日本の情趣を詠むような句ならまだしも、御句のような新鮮な感覚の句であれば、逆に古文表記にあれっと思い、促音便の「振って」のほうが相応しいのではと思ったのです。
以上、お答えになりましたでしょうか。また何かありましたら、私のわかる範囲でお答えしますのでおっしゃってください。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

振りての主語は傘を持つ人ですね。ここは、傘自身が揺れているとしてはいかがですか。その場合何故揺れているのでしょう、誰が揺らせているの、風かも知れないとなぞめく部分が大きくなりますが、それの方がいいかなと思います。他の方のご意見も伺いたいところです。
”白日傘大きく揺れてさようなら

お役に立てれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

もんなさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
想像できますね。
提案句です。
・白日傘左右大きくさようなら
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

もんなさん、こんにちは。
御句拝読しました。気持ちのいい、哀愁のある光景ですね。
先の方々がいいコメント残していらっしゃるので、私はちょっと視点を変えてみました。

・さようなら小さくなりゆく白日傘

「小さく」は「ちさく」とお読みください。去っていく人の視点の句です(勝手に変えてすみません)。もんなさんの振る白日傘がだんだん見えなくなっていく…、そんな感じです。

ちょっと変えてみた理由の一つに、「振りて」はどうなのかな、と思ったのがあります。先の方々は巧みにそれを解消してご提案なさっています。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

もんなさんへ
おはようございます。いつも有難うございます。
御句、想像句と仰っています通り、読む人にも色んな光景を想像させる良い句だと思いました。
私は、日差しをまともに受けて自分が暑くなることも厭わず、日傘を閉じて手に持ちそれを大きく上にかざして、誰かにさよならを告げている人を想像しました。
傘を閉じなければ大きく振る事は出来ないと思いますし、自分の傘を自分で大きく
振る事がこの人の精一杯のさよならの表現なのかなと思いました。
感想だけで失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

もんな様

いつもお世話になります。
夏祭りのコメント有難うございました。
お返事をと思っているところに
イサク様の掲句、同様してしまって💦
でも思っているところは同じのようですね。
以前「耕運機」の句にコメントさせて貰ったことありました。良い景でした。
こちらも白日傘を大きく振って、恋人、ご友人、お子さん、いづれにしても大切さな方を見送っていらっしゃる景が浮かびす。
皆さんのコメントのように見える白日傘の句を考えていましたが纏まりませんでした💦

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

もんなさん、こんばんは🙂
お世話になります。

「さようなら」の措辞、インパクトがあって好きですね。
私も以前、(私事で恐縮ですが)このサイトに、
「風光の地よさようなら鳥帰る」
なる句を出した事がありますが、"さようなら"の語の強い抒情性を思ってのことでした。(評価は低かったみたいですが)
「振りて」は促音便で「振つて」の方が良いかなと思いました。
映画の1シーンのようで、良い句ですね。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「白日傘大きく振りてさやうなら」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

もんなさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
耳鳴りのコメントありがとうございます。
私も耳鼻科へ行きましたが、結局は治療法はないようです。慣れるしかないですね。
ご質問の動詞を使わない方がということですが、別に良いのですが、
このような表現もあるという事例のひとつでした。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひなげしの笑う日の来て江戸美人

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

短パンの友ねだる物買い渋る

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

都心人行き交うなかの雨蛙

作者名 えのも 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白日傘大きく振りてさやうなら』 作者: もんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ