俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

庭の木のうなだれ白し春の雪

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の雪は重い。
みたままです。

最新の添削

「庭の木のうなだれ白し春の雪」の批評

回答者 ケント

竜子さんこんばんは。
いつも拙句にコメントありがとうございます。
貴句、春の雪は水分が多いので木の枝や葉に着雪すると細い木の枝は垂れさがってしまいますね。その様子に風情を感じて詠まれたものと思います。
「うなだれ」でも雰囲気的には分かりましたが、「うなだれる」とは気持ちが沈み込んで頭を前に低く垂れると言う意味になります。この場合ですと「枝垂れる」が妥当かとおもうのですが。
ただ作者が敢えて「うなだれ」をお使いならばごめんなさい。
一応「枝垂れる」の提案句を置かせていただきます。

庭の木の枝の垂れるや春の雪

庭の木のしだれしだれる春の雪

よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「庭の木のうなだれ白し春の雪」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
御句良いですね。
『庭の木のうなだれ』大変良いです。
一文字だけ変えるとより一層良くなりそうです。
『白し』を『白き』にするのはいかがでしょうか。

庭の木のうなだれ白き春の雪

点数: 2

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「庭の木のうなだれ白し春の雪」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

竜子さま
拙句への提案句ありがとうございます。
場所を時間に変えて詠む、このように表現を変えてみることはとても勉強になります。

御句
見たままの景色をすぐに言葉にして俳句に詠んだのですね!
重い雪にうなだれる様子が浮かびます。
少し気になったのは、白い、と雪が重なるのではないか?ということです。
練習のために提案させてください。

庭の木のうなだれたるや春の雪

白、がポイントでしたら抜いてしまってすみません。

宜しくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「庭の木のうなだれ白し春の雪」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子様。日向ぼこの句にコメントありがとうございます。
主婦の気持ちわかってくださって嬉しいです。
本当にそうなりますよね。

御句拝読いたしました。
具体的な木の名前が言えないのは、季がさなりを避ける為ですね。
私は、南天かな?椿かな?松?と思いました。
どちらにしても美しい景ですね。さきのかたが、言われたように白と雪が重複するかな?
私も考えてみましたが、御句を上回るような句は、おりてきませんでした。

また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ピョンチャンへ君も一緒に冬銀河

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

トマト採るツーブロックの背伸びかな

作者名 コウ 回答数 : 10

投稿日時:

介護とは神の仕事ぞあけの春

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『庭の木のうなだれ白し春の雪』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ