俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玻璃ごしの母の涙に薄暑光

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

7月ですね~、今年は夏越しの祓いは行けませんでした😥
薄暑の時期は過ぎましたが、母の事を想っていたら、この句を思い出しました。今の状態では心配かけるかと、半年以上施設に面会に行ってません、2年位前コロナで面会行っても
私は外の駐車場、母は中の会議室で面会、帰るね?と言うと母の涙が光ったように見えました!
最初は上5はガラス越しでしたが、今日こちらの方が情緒があるかと推敲しました。
それと、皆様にお聞きしたいのですが(なおじいさんには相談しましたが、見た事ないとのこと)
投句や添削で、コメント入れて私はロボットではありませんのところで困ったような顔が出た事ありませんか?そうなると最初からやり直しです😥今日もありました!
私のスマホの問題なのか?混み合う時間帯が有って繋がらない気もするのですが…
明日ドコモへ行って聞いて来るつもりですが…
コウさんも時々あるそうです。
分かる方いらっしゃいましたら?
長々すみません<(_ _)>

最新の添削

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

私の意見は卓鐘様と近いのですが
季語が主役、季語が脇役、という言い回しはさておきまして

有季定型俳句としては、何のために歳時記から引用して「季語」を使うのか?というただ一点だと思います。
季語じゃなくても成立するような句なら、有季定型俳句にする必要もないかも?
この話はここまで。

御句
初手は、なぜ母が家の外で泣いているのだろう?と思いました。自分の側には薄暑光がなく、玻璃の向こうの母のところに薄暑光があるので、
コメントによれば、作者は外にいて、母は室内。とすると想像の幅を広げるために切れを入れたいと思いました。

・玻璃ごしの母の涙や薄暑光

佐渡様と同じですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

おかえさんへ
おはようございます。いつも有難うございます。
どうしてもコメントしたくお邪魔しました。
私は、本年5月よりこの道場で学ばせていただいて、それこそ多くの人から俳句のことを教えて頂きました。俳句の基本、文法、季語のこと。
特に季語については、何人かのかたより季語を主題に!季語を大事に!と教わりました。そのお陰で多くの季語を知り、季語の持つ本意とやらも勉強したつもりです。
今まで手にしたことも無い歳時記も購入して読みました。お陰で自分の心情を表現するために季語を使っての表現力が少しは広がったかなと思います。
そんな時、おかえさんのこま爺さんへのコメントを読ませていただきました。
また、同時にこま爺さんが紹介して下さった季語についての論説も読みました。
あの芭蕉の句の多くが季語主役となっていないことが書かれてありました。
さてここからが、私の悩むところで有ります。はたしてどちらが正解か?
でもどちらかと言えば、私は、おかえさんのコメントに共感です。
自分は俳句を、自分の心の豊かさを広げる為。気候に恵まれ、気候に左右されながらも懸命に生きること。自然を愛し、日常の生活を大切にし人を敬い人に優しく。
そして小さくとも少しの事に喜びを感じる。そんなことのために詠んでいるつもりです。どんなに拙くても、駄句と人にいわれようが。人の評価は人それぞれです。
自分の句に、少しでも感動や共感を覚えてくれる人が一人いてくれれば嬉しいと思います。ただ当然俳句を詠む以上、一人でも多くの人に共感してもらえるように努力することは必要だと思います。
ここは道場と言うところなので、ある意味仕方ないのかとも思いますが、最近感じるのは、句を素直に鑑賞するということ、その句から詠んだ人の心情をどう汲み取るかと言うこと、うまく言えませんがそのあたりの事が少し欠けているように感じております。どうしても、季語のこと、文法のこと、技巧的なこと。添削してあげたとばかりに。最後に御句の玻璃。ここは私は玻璃だからこそ生きていると思っております。
あくまでも私の思いでしかありませんが、無機質なガラス(硝子)ではおかえさんの心情を汲み取ったことにはならないと思います。
人にはひとの考えがお有りなので、このコメントはあくまでも私個人の思いで有ります。この道場でおかえさんはじめ、数人のかたとは気安くお付き合い(勝手にそう思っているだけですが)させていただき、そのことだけでもこの道場に参加出来て良かったと思う今日この頃です。
ながながと失礼いたしました。またよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます!
反省なんて、とんでもない。どんな立場だろうと自由に議論すればいいと思います。そんなこと言ったら僕なんてペーペーはなにも言ったらいけなくなります😅

季語主役と言っている人も、別に全面におしださなきゃいけないなんで言ってないとおもうので、ただの表現のちがいなだけかと思います。主役という言葉を狭義に捉えすぎてるというか。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
お母さんとガラス越しにしか会えないとは寂しいですね。
御句
「母の涙に」切れを入れて「母の涙や」としたらどうでしょうか?
早く手を取り合える日がくると良いですね。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

こんばんわ いつもお世話になります。
御句へのコメントではありません。すみません 。以前から 困ったちゃんが 出てくるということですが、私はその現象はありません。最初はサイトが不安定だからと思ってました が そうでも無さそうですね。時々 送信エラーのメッセージはでますが、時間をおけば解決してたので さほど気にはなりません。でも おかえさきさんは結構 頻繁にあるみたいですねぇ エラーの表示はスマホの機種によっても違いがありますが ウィルスとかもあるかも知れません。あまり詳しくはないですが ショップへの相談されるといいですね
サイトの問題だ とされるかもしれませんが。あまり お役に立てずごめんなさい

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
取り急ぎ、エラーの件。
私については、「困ったような顔」??は思いつきません。
時々、例えば、「信号機おして下さい」と求められる事はあります。
そういう場合は、同じコメントを二つ送る結果になります。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

おかえさんへ
こんばんは。しばらくぶりにお邪魔いたします。
御句を読みまして、私も亡くなった母のことを思い出しました。
長く入院生活をしておりました当時の母を見舞いに行った帰りはいつも
おかえさんと同じ気持ちになったものです。なんとも言えない切なさです。
御句の玻璃は、この世における最高の宝のひとつ(仏教用語)と言われ、水晶とも言うことが有ります。どんなところにあっても光りを当てると光るとも言われています。薄暑光が当って、玻璃が光り、そしてお母さんの涙がキラッと光ったのかなと勝手に想像いたしました。
ですから、玻璃と薄暑光の組合せが絶妙だと感じました。
親子の情愛は、他人では推し量れないものがそれぞれにあると思います。
自分と同じ気持ちなどと簡単には申せませんが、ご母堂様の御長寿お祈り申し上げます。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆お世話になります。
コメント送信の件、
思い出したように、本人確認?というより、「わたしはロボットではありません」と言う確認と思います。
9分割された写真に、一部、バイクが写っており、「バイク、すべて押してください」とでます。
正解すれば、また、通常のコメント送信ができるようになります。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

ご母堂さんの涙。私も悲しい。どうしょうもないです。今度は自分の番です。すみませんこれ私の体験談です。

さて、送信の問題、私はこうしてます。
困ったマークがると打ち込んだ記事は一旦.コピー→張り付け、その後でスマホの三角マークを押してサイトを離れます。もう一度メニューからサイトに入り、コメント欄にメニュー「張り付け」します。

そもそも、スマホの問題ではなく、インターネット回線ないしはこのサイトの混み具合の問題です。

お役に立てば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
湯滝のコメントありがとうございます。
ご提案の冷気も良いですね。確かに滝の下に立つと冷たい空気が漂いました。
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「玻璃ごしの母の涙に薄暑光」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!こんにちは!
再訪です。
ご提案の
「白き帯冷気を受くる湯滝かな」
良いですね。
「受く」連体形「受くる」で三段切れではないと思います。
ありがとうございます。
勉強になります。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軟風に舞って落ちたる桜かな

作者名 野間たえ 回答数 : 1

投稿日時:

冬枯れや教習場の講習会

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

あたたかやなにもない街ですけれど

作者名 イサク 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玻璃ごしの母の涙に薄暑光』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ