俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カタツムリ吾子と数える百地蔵

作者 伊藤理恵子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

裏手に百体のお地蔵様が祀られている紫陽花寺があり、梅雨時期に息子と訪れました。お地蔵様にカタツムリやナメクジがたくさん付いていて、お地蔵様と共に見つけたカタツムリの数も数えながら散策した時の事を書きました。表現として、ちゃんと伝わったかどうか添削お願いします。

最新の添削

「カタツムリ吾子と数える百地蔵」の批評

回答者 なおじい

伊藤理恵子さん、こんにちは。初めまして。よろしくお願いします。

御句拝読しました。百地蔵って以前私が訪れたところは、右から数えるのと左から数えるのではどうしても数が違うということで、お化け地蔵と呼ばれていました。
私も数えようとしましたが、途中でわからなくなりました(笑)。六地蔵くらいならねえ。

さて御句、私は初読では、「かたつむり」は取り合わせで、数えたのはお地蔵様だと思いました。上のような思い出があるからというのもありますが、「数える」の目的語の位置に百地蔵があるから余計にそう思ってしまったのだと思います。

伊藤さんの思いとするなら、

・かたつむり数へて吾子と百地蔵

などではいかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「カタツムリ吾子と数える百地蔵」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

いい景ですね。

百地蔵/吾子と数えるかたつむり
百地蔵/吾子と数ふるかたつむり

百地蔵で全体を映して、お子さん、それからお子さんの見ているかたつむりというようにだんだん小さくフォーカスしていくとどうでしょうか。
吾子なので数ふるのほうが合ってるかもしれません。

点数: 2

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「カタツムリ吾子と数える百地蔵」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

伊藤理恵子さん!こんにちは!
初めましてよろしくお願いします。
お子さんと蝸牛数えたんですね。
たくさんいましたか?このごろなかなか見つかりません。
提案句です。
・かたつむり吾子十匹を数へけり
十匹いたかは不明ですが、創作です。具体的な数字を出すことで映像が見えるかと。
それと植物、生物などはひらがなか漢字で表記します。
上手くありませんが、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「カタツムリ吾子と数える百地蔵」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

伊藤理恵子さん、こんにちは。はじめまして、ちゃあきと申します。
上五の後か中七の後に切れ字を入れると良いのではないかと思います。
これは山本山と言われる形でカタツムリを吾子と数えるのか、百地蔵を数えるのかどちらとも解釈できます。(僕も以前この道場でイサクさんから教わりました)
・で で む し や 吾 子 と 数 へ る 百 地 蔵
・で で む し を 子 と 数 へ る や 百 地 蔵
コメントを読むと両方数えたみたいですので、原句のままでもいいような気もしてきました。どうもすみません。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二学期の背中や君の声近し

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

姫女苑紅く塗っても変わりなし

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

アスファルト土へ還れぬ蝉の微動

作者名 スワイ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カタツムリ吾子と数える百地蔵』 作者: 伊藤理恵子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ