俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花の赤雨の中優雅なり

作者 松本ひとみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

赤い紫陽花を見てキレイだと思ったので詠んでみました

最新の添削

「紫陽花の赤雨の中優雅なり」の批評

回答者 なおじい

松本ひとみさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読し、松本さんの最初のご投句から読み直しました。初心者さんとのことですが、さわやかな句をお詠みですね。

紫陽花の赤雨の中優雅なり

俳句では字と字の間を空けたり、句読点を打つことができませんので、つながって読めて読み手を悩ませてしまうことがありますから、他の皆さんもおっしゃっていますが、工夫が必要になります。
それと、たまたまかもしれませんが、季語は必ず先頭に置かなければならないということもないですよ。また、俳句は想像の文芸とも言われていて、作者があまりハッキリ意思を表さず、情景を描写して、読み手に想像してもらうほうが良いようです。

・雨の中紫陽花赤く浮かびをり

あまりうまくありませんが、青い紫陽花は雨の中に溶け込むがごとくなのに、赤い紫陽花は逆に浮かびあがっているようだ→だからきれいだと思ったのだな、だから優雅だと思ったのか。そういう作りのほうがいいように思います。

すでにお感じになったと思いますが、この道場は、初心者の方にもとても丁寧に教えてくださる方が複数いらっしゃいます。安心して、また次の句を読ませてください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花の赤雨の中優雅なり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

松本ひとみ様、初めまして🙂

一読、「赤雨」って何だ、と思い検索してみたところ、

①春、花にそそぐ雨。くれないの雨。
② 赤い花が舞い落ちるのを雨にたとえたことば

らしいのですが、御句は違いましたね…😅
「紫陽花の赤」ですよね。赤い紫陽花… "赤"というと、やはり、真紅の色を思ってしまいます。かなり、赤っぽい紫陽花もありますが、あれは「赤」ですかね…?フランスかどこかには、そういうのもあるようですが、それのことなんですかね…
あと、下五の「優雅なり」という主観の言葉です…主観も上手く使えれば良いのですが、 ここではただの感想になってしまっています。
ちょっと、意図とは違うかも知れませんが、"赤"は残して…
「紫陽花の赤きが雨に打たれをり」
とか…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花の赤雨の中優雅なり」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは

やはり赤雨を一つの単語と認識してしまいます。
語順を変えて、
赤と雨を離したらどうでしょうか。
あで韻を踏んでいるのを壊したくないですね。

雨の中紫陽花の赤優雅なり
紫陽花の赤の優雅や雨の中

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花の赤雨の中優雅なり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

松本ひとみさん!おはようございます。
初めましてよろしくお願いします。
雨に赤い紫陽花のなお引き立つかんじでしょうか?
提案句です。
・紫陽花の打たれる雨になほ赤し
こんな感じはどうでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天そばの残りのつゆの刻み葱

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

白馬駆け逃げる玄徳春北斗

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

へそくりを仕舞ひ節季の裏帳簿

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花の赤雨の中優雅なり』 作者: 松本ひとみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ