俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踏み切りの音の間近に梅雨に入る

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

普段はさほど気になりませんが、湿度が増すとうるさいです。翌日の天気予報の参考にしてます

最新の添削

「踏み切りの音の間近に梅雨に入る」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

作者は理由と結果(湿度が高まると踏切音がうるさく感じる)で作句しておりますが、他の読み手は因果を感じない(感じにくい)内容ですので、中七の後で明確に切れを入れれば良いように思いました。

・踏切の音間近なり梅雨に入る

「なり」終止形で、中七で一旦切れます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「踏み切りの音の間近に梅雨に入る」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いつもと同じ音を間近に感じるという句いいですね!
つちやさんのおっしゃるとおり、
踏み切りの音間近なる梅雨入りかな

がいいですね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「踏み切りの音の間近に梅雨に入る」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

水谷さんこんにちは。

御句
中七の「音の間近に」という叙述が気になりました。
おそらく繋げていないと思いますが、下五に繋がっているように見えて「ん?」と思いました。

少し変えてみます。
・「踏み切りの音間近なる梅雨入かな」※梅雨入は「ついり」と読みます。
・「梅雨めきて踏切の音間近なり」

またよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋日濃しパフェに匙の孫娘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

待ち遠し蕾ばかりの山ざくら

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

鶯のとき経て遭うて時鳥

作者名 西風子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踏み切りの音の間近に梅雨に入る』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ