俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

空蝉のしがみつきたる莟かな

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句「網に入る~」の句へ様々なご意見どうもありがとうございました。
今回は、たぶん百合の莟だと思うのですが、この莟が咲いたら下に落ちてしまうでしょうね。だからそっとしておくことにして、携帯で写真だけ撮りました。職場構内での景です。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「空蝉のしがみつきたる莟かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。これから咲く蕾と空蝉。とてもいい響きですねえ。
語順ですかね。莟メインも好きなんですけど。
小莟を抱く空蝉のがらんだう

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「空蝉のしがみつきたる莟かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「莟」つぼみですね。むずかし・・・

あいかわらず、良い句材を持っていますねえ・・・

最後「かな」がやたらと効いてしまって、何の花の蕾なんだろう?という方へ意識が持って行かれてしまいました。

・空蝉のしがみつきたる莟あり
・空蝉のつきたる莟ありにけり
・空蝉のつきたる莟〇〇〇〇〇(空蝉を生かす、説明的でない五音)
・空蝉や莟は~~~~~(空蝉と取り合わせになる、莟を含む十二音)
などなど・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「空蝉のしがみつきたる莟かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。初読では莟(つぼみ)は読めず、苔(こけ)だと思い、字足らずだと思いました。すみません。「蕾」または「つぼみ」としなかったのは何かあるのですか?

イサクさんと同様、私もつぼみの句のように読めました。空蝉だからなおさらだと思います。

・空蝉のしかと蕾を抱きにけり

ごめんなさい、自分のわかりやすい蕾にしてしまいました!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

店員の名札に狐島霧立ちぬ

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

カーネーション星に高々差し出して

作者名 肥川 稔 回答数 : 1

投稿日時:

照り返す草木の葉にも夏景色

作者名 三男 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『空蝉のしがみつきたる莟かな』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ