俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶一頭ひらひら先を急ぎけり

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩中のことですが、蝶々一頭が何を急ぐのか、ヒラヒラと前を横切って行きました。

最新の添削

「蝶一頭ひらひら先を急ぎけり」の批評

回答者 文室七星

はじめまして「春驟雨」の句の添削ありがとうございます。
ご指摘の比喩の所も気にかかっていました。
中七以後が収まりが良くなっています。

仰っている方もいらっしゃいますが、蝶は「一羽」とする方が良いと思います。
「ひらひら」と「先を急ぐ」の対称が面白く感じます。

今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蝶一頭ひらひら先を急ぎけり」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます、
季語の場合、”基本的”にはカタカナ表記は学術的で避けた方が良いと言われています。(例外はある)
百合は百合またはゆりが◯でユリは△。
文学的な風情が減るとされているからです。
“頭”一般的には使われていない、クイズになる様な、学術的数え方です。
風情が減るのでやめた方が良いと思います。
“羽”という文豪たちも好んで使った雅語があるので、学術的には正しくないかもしれませんが、”羽”をお勧めします。

点数: 4

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶一頭ひらひら先を急ぎけり」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

こま爺さん こんにちわ いつもお世話になります 団子の句、添削ご指導有難うございます
渋茶と団子の取り合わせ、良かったですかね 嬉しいです またこれからも宜しくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶一頭ひらひら先を急ぎけり」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊こま爺さん
いつもお世話になっております。
「優しさの伝染」の句にコメント添削ありがとうございます。
そうですね。“伝染“てあまり文学的じゃないです。こま爺さんの仰る通り柔らかな「伝わる」でほんとに“優しい句“になりました。
優しさなのだから柔らかな雰囲気を心がけたいと思います。ありがとうございました😊

御句、“蝶“は俳句では数え方の表現が難しいのですね。↓こんなのを見つけました
http://bbs5.sekkaku.net/bbs/haihaiclub/mode=res&log=9
かこ様のコメントの通り、私も羽があるものは“羽”で表現したいな~思ったところです😆
よろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶一頭ひらひら先を急ぎけり」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

こま爺様こんにちは。
春雨の句の添削
切れ字のご指導以前にも頂きまして、ネットで読みました。
まだまだ自分のものになってないですね。
小魚のようを「小魚の」と詠む方法勉強になります。
あくびの句の添削
気づかされました。宴過ぎ でほんとリズム良くなりますね。

いつもありがとうございます。

蝶々がもう舞ってるんですね。目に浮かびます。

また、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

橋の灯のヘドバン春夜の大地震

作者名 幸福来々 回答数 : 4

投稿日時:

秋雨や赤子の吐瀉を浴びた肩

作者名 栄耀栄華 回答数 : 1

投稿日時:

卒業や永久に舞う桜は蒼く

作者名 ワイス 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶一頭ひらひら先を急ぎけり』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ