俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

氷張り底のめだかにノックする

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます😊
冬は寒さに耐えて底でじっとしているめだかさん。氷点下の朝、氷が張っていたので、思わず「大丈夫ですかー」と氷を叩いた私でありました。
氷=冬 、目高=夏で季語が2つになります
めだかを魚と表現しようかとも思いましたが
氷の下にいるのは「めだか」だったので使いました。
「叩く」を「ノック」としたのは助詞を「を」ではなく「に」にした為です。
よろしくお願いします。

最新の添削

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 佐渡

渡邊久美さん!こんにちは!
再訪です。
叫天子のコメントありがとうございます。
ダメなところがあれば書きますが、まだまだ先輩の方の後をついていくだけです。(笑)
自分の勉強のためにも皆さんの俳句を鑑賞して適切なコメントが出来るように頑張ります。
もし間違っていたり、見当はずれなコメントあれば言ってください。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

久美さん、メダカですか!。
これはコメントせずにはいられませんね。あたしの「めでかや」。
実は、めだか屋から来ているのです。かなり本格的にやっていて数年前までは少々、
近所のペット屋さんにも頼まれると卸しておりました。
いまは、盗難被害とかもあってやめてしまいましたけどね。
さて、御句「めだか」と書いても「目高」とかいても魚であって季重なりだと
思いますよ。しかし、この時期のメダカは水底でじっとしているので姿は見えない。なので季語としての力は弱く、氷の勝ち!。許容できる範囲と思います。
その一方でメダカを飼ったことのない方からしたら、氷とめだか、気重なりです。
と言われると思います。他の方のご意見を待ちましょう。
・もう春よ見えぬメダカに御挨拶
追伸、もう少し暖かくなるまでそっとしておいてあげてね(笑)。

点数: 2

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。ノックする。素敵!そういうことをやってみるというところに俳人のこころがあるように思います!!
さて、めだかは気になりませんでした。この形のままも好きですが
「氷が張って、目高にのっくする」という叙述・散文の形が少し気になります。
こんな形はどうですか?氷が主季語になってるかなあ。

めだかめだか池に氷は張りつめて

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。いい句だと思います。

季重なりの問題ですね。私も勉強させてもらいます。

季重なりがOKとなるのは、
1 主役がはっきりしている場合、
2 二つの季語がお互いに活かし合うっている場合

そこで、まず主役の問題ですが、「氷はり」は佐渡様の指摘の通り「氷はる」と連体止めの方が主役がが強調できるのではと思います。ただその場合句末は連用中止が良いかと。
2の問題は氷の下の可愛そうなめだかと、十分活かし合っていると思います。

季重なりについて下記をご参考下さい。
https://jphaiku.jp/wp/2018/12/10/4082/

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

渡邊久美さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
濡れそぼつのコメントありがとうございます。
御句
氷張りより張ると切ったほうがいいかな?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「氷張り底のめだかにノックする」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます。☀️

面白いですね。
大好きです。

氷張りだと経過説明みたいになるから、
氷張る底のめだかにノックする
初氷底のめだかにノックする

めだかは季語だけど、魚にすると面白さ半減だし、氷で冬が勝ってるから不問で。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

日盛りや失業給付で買ふスーツ

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

二人きて泉に幸と記しけり

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

睡蓮の碧し入水にちと浅し

作者名 イサク 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『氷張り底のめだかにノックする』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ