俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

街路樹の濡れそぼつまま春の雨

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の雨はしとしと長い

最新の添削

「街路樹の濡れそぼつまま春の雨」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。春の雨、濡れるの近さですかね。
まだ濡れてるのに、雨が降ってきた、というところの発見。かわくまもなく降ってきたという発見なのだと思うのですが、どうしても、春の雨と濡れるがやはり当然のつながりにみえてしまいます。
街路樹のかわかぬままの春の雨

濡れた街路樹が想像できる見立ての形とかはどうでしょうか?こういう形?〇〇〇はいろいろできます。千賀さんは大樹の骸という見立てでしたが、春だったらなんだろうなあ。

街路樹は〇〇〇となりて春の雨
春雨や街路樹〇〇〇〇〇さうな
春雨や街路樹〇〇〇〇〇のやうな

春雨や街路樹けふも眠さうな

他にもこういう断定とかも。

東京は街路樹のまち春の雨

いろいろ書きましたが、どの形にしても、春の雨のおかげで、街路樹は濡れて登場してくれます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「街路樹の濡れそぼつまま春の雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

以前、道場で佐渡爺様ご自身の類句がありますね(笑)
 濡れそぼつしだれ桜の涙落つ
 ふりいでし雨に濡れそぼる花野道

で、この句の問題は、「春の雨」で「街路樹が濡れる」のが発見なのか当たり前か・・という点ですが、私的には当たり前かと・・
中七「濡れそぼつ」で「濡れている」という意味ですので、「まま」は不要ですね。

そのあたりで使う音数を変えて、例えば、少し季語を立てましょうか・・という提案句です。

・街路樹の濡れて春の雨はやさし

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「街路樹の濡れそぼつまま春の雨」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

おはようございます!!佐渡さん
いつもお世話になっています😊
「濡れそぼつ」とは「濡れてびしょびしょになる」という意味なんですね。初めて知りました。
街路樹が雨に濡れたまま垂れ下がっている情景が浮かびました。「まま」で時間が止まったようでいいですね。提案句一生懸命考えましたが、街路樹が濡れて垂れている様子だとこんなかな。と思って
・街路樹の濡れしょぼたれる春の雨
またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

飛花落花フジキセキ四戦四勝

作者名 たーとるQ 回答数 : 2

投稿日時:

半袖の腕に冷んやり今朝の秋

作者名 水越里絵 回答数 : 2

投稿日時:

亡き父の言われるがまま野球肘

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『街路樹の濡れそぼつまま春の雨』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ