俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

警備員大旗を振る二月かな

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

交通規制のためガードマンが全身をくねらせながら大旗を振っている姿を詠みました。まだ最高気温も低い2月だからできるかな、という印象です。
前方から見ると☓の字で振っているので、☓(バツ)振ると考えましたが、☓は文字ではないので止めました。
よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「警備員大旗を振る二月かな」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃

バツは入れた方が絵に説得力が出る気がしますね。実際は字でなくてもか字と書いて問題ないと思います。

大旗をバツの字に振る二月かな

尽を使うと期間を狭く出来ますし、韻を踏めます。
二月尽大旗をふる警備員

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「警備員大旗を振る二月かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

エイジちゃんさん、こんにちは。拙句へのコメントどうもありがとうございました。
只の情景句なので意味はありません。赤いカラーコーンにちょんと残った雪で、ひび割れたまま使っていることもよくあります。(あんまりひどい時は取り替えます)

御句。「かな」が効いていないかなと思いました。
・大 旗 を 振 る や 二 月 の 警 備 員
またお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元朝の白一面に獣跡

作者名 よした 山月 回答数 : 4

投稿日時:

起き抜けに厠へ駆ける今朝の秋

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

薄闇に騒ぎし烏大晦日

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『警備員大旗を振る二月かな』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ