俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

四方より足突き出され炬燵猫

作者 伊勢史朗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

猫専用の炬燵もあるらしいですね。

最新の添削

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 佐渡

伊勢史朗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
梅のコメントありがとうございます。
うめはやしは季語ではなかったお粗末なミスをしました。
精進します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんばんは
固い椅子の句へコメントありがとうございました。
おっしゃる通り、ふかふかのいすのコメダコーヒーはフランチャイズでした。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

窓開く句にコメントありがとうございました
好きはダメでしたね。
人によっては夏も秋もありですからね。
感想文と危惧したのはそのあたりです。
道場の発表句の再投句の件、
教えて頂きありがとうございます
入選句を様々なところで
発表するのもありなんですね。
勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

伊勢さん。よろしくお願い致します。

猫ちゃんの炬燵あります。
かわいいですよ。
猫ちゃんを見ていると病気
の辛さを忘れて、笑顔になれます。
猫ちゃんとおこたは、お友達。😸😸😸😸😸

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
串屋台の句のご指摘、ありがとうございます。ご返事が遅くなりすみません。私にとって「17文字以上の俳句世界」を作るのは、まったく至難です。
あなた様のような手練れの方は対象へのとらえ方が私などとはたいへん違うのでしょうね。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 RINRIN

句の評価:
★★★★★

私の俳句にコメント頂きありがとうございました。伊勢史朗さんの俳句を拝読しました。
私も幼少の頃の炬燵風景、情景が浮かんで、懐かしくなりました。
故郷を想って一句 年行くや 郷に入りては 郷言葉 いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、RINRINさんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
別にハズスとかでなく投句のコメント消し忘れてました。
未来は俳句のことでした。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

三寒四温の句の添削ありがとうございます。
アドバイスをありがとうございます。
まずは安定した句を詠めたらと思っています。
いずれは小澤先生に投句したいと思います。
添削句はとても勉強になります。
まだまだ勉強が大切だと感じました。

御句の感想です。
ほのぼのとした良い句だと思います。
猫専用の炬燵を調べました。普通のものより小さいタイプですが、遠赤外線や清潔に使えるとも書いてあり、とても便利ですね。
勉強になります。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「四方より足突き出され炬燵猫」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗さんこんにちは。
拙句へのアドバイスと添削、さらに励ましのお言葉ありがとうございます。
確かに今思えば、季語選びが安直だったと反省しております。

私の家には現在、猫が六匹います。
といっても正式に飼っているのは三匹で、もう三匹は野良猫を保護している状態です。
せっかく保護猫のために部屋を整えたのですが、いかんせん凶暴なもので、元から飼っている猫と会わせられない状態です。
なので、このまま飼うかどうか迷っています。

話が大分逸れてしまいました汗
うちには炬燵がないため、炬燵猫を見ることができませんが、そのかわり布団の中に入ってくるのが可愛いです。
猫専用炬燵。。。次の冬に買ってみようかな(笑)

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

戦なき空にひろごる鰯雲

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

冬の蝶日なたを捜し彷徨へり

作者名 そうり 回答数 : 3

投稿日時:

聖堂の鐘澄みわたり鰯雲

作者名 登盛満 回答数 : 23

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『四方より足突き出され炬燵猫』 作者: 伊勢史朗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ