俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬温し鏡に街の床屋かな

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

理髪店に行ってのこと。正面の鏡に映る街並みを見て、今日は温い冬の一日と感じました。
理髪店の中も暖かい訳ですが。

最新の添削

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 負乗

こま爺様、厳しいコメントありがとうございます😅
"ちょこっと吟行"に出掛けたとき、取り敢えず、目に入るものがなかったので、出来た句です。ホテルの緑色のネオンが、冬空に印象的だった、というだけのことで…
報告文でしたね…😔

御句ですが…
前の皆様と同意見で、誤読が避けられない措辞ですかね😉
「床屋」は、外して見ました。

「冬温し鏡が映すストリート)
「冬うらら鏡の映す繁華街」
とか…

また、宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは🌞
コメント無しで読みました。

冬暖とあるので、作者は外にいると想定、そこで鏡が出てくるのでカーブミラー、最後まで読むとカーブミラーに床屋さんが映ってあるのかなと思いました。もうひと工夫いると思います。

点数: 2

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

誤読があるなあ・・と思いつつ、かこ様とげば様に全く同感のコメントがあったので、私はコメントせずにおりました。その上で、他の方へのコメントを見て・・

「床屋が主題」を意識していたのですか?!

下五「床屋かな」という切れ字詠嘆。
この時点で、上五切れで使っている季語「冬温し」がぽつんと浮いてしまいます。
床屋の中が温かく感じることは「冬温し」にはならないので(屋内屋外問題)。

せめて「鏡の中の街は冬温し」など、季語「冬温し」の余韻を残しつつ下五「かな」まで繋げないと、季語「冬温し」が生きてこないかと・・

季語「冬温し」を生かすアイデアは、かこ様の句が良いと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。初読はかこ乃さんと同じで鏡に床屋が映ってるので、車や外の鏡に映る床屋を想像しました。
冬暖の床屋鏡の街きれい

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
何度もごめんなさい。

街映す床屋の鏡冬温し

この語順だとどうでしょうか。漢字が重く感じる場合、最後ひらがなで、

街映す床屋の鏡冬ぬくし

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬温し鏡に街の床屋かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、おはようございます。いつもお世話になっております。
初心者ながら感じたままのコメント、失礼いたします。床屋の鏡の語順だと説明っぽいうえに類想も多いと思うので語順を入れ替えたものと思いますが、どう弄ったところで”床屋の鏡に街を映す”こと自体、類想は免れないかと思いました。
失礼致しました、今後ともよろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

腕時計せぬ人集ふ日向ぼこ

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

蜻蛉の目にも眸のやうなもの

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

梅の香やかほりにつられ遠くまで

作者名 博充 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬温し鏡に街の床屋かな』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ