俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白き手のヨーヨーのごと歌かるた

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

学生時代に従姉妹と歌留多で遊びました。
従姉妹は百人一首が好きで、歌の始めの部分だけで札を取りました。
私は少ししか取れませんでした。
手の動きの素早さに感動したのを覚えています。
「ヨーヨー」は季語ではない思うのですが、心配です。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白き手のヨーヨーのごと歌かるた」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「比喩は難しい」最近のN先生の言葉です。

私も「ヨーヨーのごと」という比喩が何を表したいか、コメントを見るまで分からなかった口です。
ヨーヨーといえば「丸い」「回転する」「行って戻る(往復する)」という連想はあるのですが、「速い」はなかったですね。
ヨーヨー名人の、なんかヨーヨーを前方に投げて戻す技のようなイメージなのでしょうか?

凡庸な比喩よりもチャレンジしている分マシ?
とりあえず師匠のげば様の話を聞いてみましょう(無茶振り)

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き手のヨーヨーのごと歌かるた」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。師匠です、って誰が師匠ですねん(笑)ちゃうちゃうちゃう。
ということで、いつも勉強させていただいています。

そうですね、同意見。比喩を読み解こうとはしたのですが、たぶん、ぱっと手が動く様子なのかなあと思ったりまではしたのですが、それでも、白き手の意味深な色も読み切れずでした。
それでも、比喩を使おうとするならどこにも手あかがついてないところを行こうという、ヨーヨーみたいと感じたという、そういう着眼点はやっぱり佳いと思う派です。
そのうえで、比喩は、とくに直喩は成功させるにはウルトラCだなあという印象はあります。むしろ詩的に断言したり隠喩を用いたりすることはよくあります。
例:母が雨滴となって降ってきた、とか。すきとほる詩の泡、とか。

自分の句で直喩的アプローチをしたのはこの句だけでした。
ギヤマンやららら人魚の鱗めく

だから直喩はダメということではないのですが、私は手を出せていないのかも。
直喩で好きな句は
去年今年貫く棒の如きもの/高浜虚子
春月の病めるが如く黄なるかな/松本たかし
葡萄食ふ一語一語の如くにて/中村草田男
ええ!という驚きのたとえでないといけない上に、しっくり腑に落ちるという。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き手のヨーヨーのごと歌かるた」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。凡空です。再訪です。
ヨーヨーと言っても、いわば、競技ヨーヨーみたいなものありますね。
両手にヨーヨー二つ持って、地球一周とか言って、二つのヨーヨーが空間をあっち、こっちと、のびたり縮んだり、回ったり。
翻って、素早くかるたをとる様子ついて、読み人が一言二言で、はい、これ、はい、これ、というような感じで、カルタを次々に取っていく様子、両腕が、ビュンビュン。アニメなんかで。
チャレンジしてみます。
提案句
白き手の阿修羅の如く歌かるた

向田邦子の小説みたいですが。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き手のヨーヨーのごと歌かるた」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。
良い句だと思い ます。

白き手がなにを連想させるか。コメントを読んで女の子の可愛い手とわかります。なんとまあ、ちょっと恋心もくすぐられたりしたのでは。
白きも含めヨーヨーのごときの比喩の是非、これは名人に評価してもらいましょう。

ヨーヨーはgoogeで引くと季語ではないですね。

失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「白き手のヨーヨーのごと歌かるた」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おめでとうございます。凡空と申します。
初心者ながら、思うところを。
まず、感動したのは、手の動きの素早さ、とのこと。
御句において。
①白き手=従姉妹の女としての象徴
 ヨーヨーのごと=素早さの比喩
私としては、以上のように解します。
②①を前提とすれば、感動が二つに分散されている。
③感動は、手の動きの素早さ。
これに焦点を絞る。
④しかし、ヨーヨー=上下運動、動きの緩慢は別として。
翻って、(私が抱くところの、これは、ちはやふる、の映画。テレビでみる競技カルタのイメージがつよいのですが)歌かるた、における手の動きの素早さ=上下ではなく、斜めに空気を切り上げるような素早さ。
以上をもって、ヨーヨーの比喩と歌かるたにおける手の素早さについての感触に相違を感じました。

提案句
朝の陽を斜めに切るや歌かるた

うーむ、どうなんてょうか。初心者ながら、やってみました。
あとは、先輩方のコメントを待ちたく。私の提案句の添削もお願いしたく。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨入りてたくわんの切れつ端嚙む

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

背伸びせず見栄をも捨つる冬うらら

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

春眠や夢は三途の川あたり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白き手のヨーヨーのごと歌かるた』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ