俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大小の肩寄せる猿冬日和

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

肩寄せ合う猿の群れを詠んだ句です。
家族を感じました。

最新の添削

「大小の肩寄せる猿冬日和」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
卯筒さんご無沙汰してます。
句具さんところでよくお見かけしますが、俳句続けられてるんですね!

なかなか味ありますね、この句。大小も猿も光景が味わい深い。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大小の肩寄せる猿冬日和」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

卯筒さん、こんばんは🙂
「大小の肩寄せる」は、上手い言い方かな、と思いました。ほのぼのとした景がはっきり浮かんで好きですね。
「寄せる」は現代語ですが、文語体にしても良いのかも…
「大小の肩寄する猿冬日和」

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「大小の肩寄せる猿冬日和」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

卯筒さんこんにちは。

「大小の肩寄せる猿」というところに詩がありますし、滑稽さもありますね。
「猿」を一番最後に持ってきた方が意外性が出て面白いんじゃないかと思いました。
それと、「日和」だと割と大きな空間ですが「日向」だと小さな空間になり、寄り添ってる感がもっと出るかと思います。

・「冬ひなた大小の肩寄せる猿」
※漢字が続くので「日向」はひらがなにしました。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「大小の肩寄せる猿冬日和」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

卯筒さん!おはようございます。
初めましてよろしくお願いします。
さるが肩寄せあうことを猿団子と言います。
七音で他の情報を入れると膨らみも出ると思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬曇り猿の目映る独裁者

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

御来迎我が目を拉ぐ涙落つ

作者名 詩音 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

冬の虹ふたへに架かる団地群

作者名 げばげば 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大小の肩寄せる猿冬日和』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ