俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

苦しみは草の古きと山茶花の

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人生を詠んで見たくなり季語を調べると、山茶花がピッタリ。
山茶花は花言葉「ひたむきさ・困難に打ち克つ」を表す。

最新の添削

「苦しみは草の古きと山茶花の」の批評

回答者 めでかや

こま爺さん、再びのこんにちはです。
ミリマルへのコメントありがとうございます。

仰られる通りですよ。究極のミニマルにするならば、破調にはなりますが
・ミリマルや青邨忌
くらいやりたかったんですけどね。初心者がこれ以上やるとおかしなことになるかと
思い五七五だけは辛うじて残しました(笑)。

今後ともよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「苦しみは草の古きと山茶花の」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
歳を重ねると人生のひとつも詠んでみたくなりますね。
提案句です
山茶花や行く先よりも今大事
今を大事に俳句を楽しみましょう。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「苦しみは草の古きと山茶花の」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、おはようございます。

初心者の正直な感想を書かせて頂きますね。
山茶花の花言葉は知りませんでしたので、山茶花の・・・花、・・・古き、もしかして・・・宿。が想像できませんでした。最も目立ってほしい”季語”がかすんでしまって残念に思いました。
さらに季語がかすむ原因の一つに草の古きと山茶花の ”と” で繋いだところにもあるかも知れません。”と”で繋ぐとその重みが対等になってしまうような感じがしました。

以上、初心者の感想なんで、この辺の是非は諸先輩方に投げるということ投げっぱなしで失礼致します。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

バサバサとこっちに来るな家の蜘蛛

作者名 めでかや 回答数 : 7

投稿日時:

乳舐めさなか冬の日記公開

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

イーゼルを畳みて秋の夕焼よ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『苦しみは草の古きと山茶花の』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ