俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初版本昔日の香の秋灯下

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりにて作り直しました。

最新の添削

「初版本昔日の香の秋灯下」の批評

回答者 菊花

こんばんは菊花です。
「小豆」の句に添削いただいてありがとうございました。
初版本、昔日、から勝手に古本と思いました。古い本をめくると独特な紙の臭いがして。過ぎた時間の長さとか、その頃の思い出に暫し浸る事ができますよね。ノスタルジックな句だと思いました。

読書の秋。私は本派家人はデジタル書籍です。確かに持ち歩きはデジタルが楽でしょうが、正に御句にある香りがいいんですよね。二ページ程ですぐ寝落ちなのも、そのアロマ効果かも。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、菊花さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初版本昔日の香の秋灯下」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。素人の感想です。説明し過ぎるとかえって分かり難いこともあるかと。
🔶初版本ページをめくる秋灯下
初版本から、読み手は勝手にカビ臭さとか
色褪せた様子とか想像するかと。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉巻切る音も供へり秋彼岸

作者名 げばげば 回答数 : 11

投稿日時:

二十年後のわたくしは花守に

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

万緑やトロッコ列車の軋む音

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初版本昔日の香の秋灯下』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ