俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日向ぼこ雨の予兆のにほひかな

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日向ぼっこしてたら雨が降る前のあの独特のにおいがしてきたという句です。

最新の添削

「日向ぼこ雨の予兆のにほひかな」の批評

回答者 なおじい

海郷さん、再訪です。拙句五七五にコメント有難うございました!
そうなんです。五七五は「ごおしちご」で五音勘定ですねー。
季語の場合もこういうのありますね、気をつけます!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「日向ぼこ雨の予兆のにほひかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、こんにちは。
御句拝読しました。天気の変化の激しい日のことですね。
私は個人的に予兆が少し固くて、また「匂い」と被るような気がしましたので、ちょっと変えてみました。

・日向ぼこ雨の来さうなにほひかな

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「日向ぼこ雨の予兆のにほひかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

◆これは・・・難しいことをやろうとしていますね。
 日向ぼっこに「雨の予兆の匂い」は似合わないので、なぜこの季語を選んでこの詩を作ろうとしたのか?というところからのスタートです。
◆「雨の予兆(の匂い)」の説明感がすごいです。
◆「予兆の匂い」に繰り返し感を感じるのは、なおじ・・い様(郎つかない)と同じです。

語順変えて
・雨の降りさうな匂ひす日向ぼこ
でもこれやはり、季語「日向ぼっこ」の句ではないような・・・

・雨の降りさうな匂ひす冬日向

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「日向ぼこ雨の予兆のにほひかな」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、こんにちは。

御句について。

「にほひ」要るかなあ…というのが一次的な感想なのは、なおじいさん・イサクさんと同様のところ。
それで「にほひ」を外す添削案を考えていたものの、コメントからすると「あの独特のにおい」こそが重点のようなので、

 そよ風に雨のにほひや日向ぼこ
 日向ぼこの庭に一ト雨来るにほひ

「日向ぼこ」に「匂い」を持ってくるには、もうちょっと具体的な要素があってもよいかな、ということで「風」とか「庭」とか加えてみました。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏休みどう過ごすかは君次第

作者名 毛利 虎太郎 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

秋の朝絵画のごとき上高地

作者名 友也 回答数 : 6

投稿日時:

暮れてまで独楽に夢中の腕白児

作者名 游歩人 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日向ぼこ雨の予兆のにほひかな』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ