俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶ひらり金木犀とキッスかな

作者 鈴屋いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもの俳句俳句して風流ぶってるスタイルとは違うフレッシュな感じで詠んでみました
すこし軽薄すぎる感じもありますが、、、汗

前句「朝霧」句へのコメントありがとうございました
類想や六角成分等にそれぞれに学ぶべきところの多いコメントでした
ここへきてようやく一か月たった程度の初心者ですので、修行することが多く刺激のある日々を送らせてもらってます!

最新の添削

「蝶ひらり金木犀とキッスかな」の批評

回答者 ちゃあき

いるかさん、こんばんは。「猫じゃらし」の句へ御意見と伊藤園の件、どうもありがとうございました。前のハロウィンの句は魍魎撃退の呪文的な意味を持たせた全漢字表記だったのですね。鑑賞力が鈍くってすみませんでした。<(_ _)>

御句。このままだとやはり季重なり感が気になりますね。イサクさんの提案句の様にするか、金木犀の存在感が強いのでおとなし目の花に替えた方がいいような気がします。
・コスモスにひらりと秋の蝶のキス
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蝶ひらり金木犀とキッスかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

いるか様の油断して季重なり・・・久々ですっけ。
「金木犀」が主となる季語のつもりだと思いますが、この内容だと「蝶」がかなり強いですね・・・

季重なりを許容するとして、
私としては、動きのある動物「蝶」を主役にして、植物「金木犀」を季語扱いせず読む方が楽です。

・秋の蝶ひらり金木犀へキス

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶ひらり金木犀とキッスかな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鈴屋いるかさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
青蜜柑のコメントありがとうございます。深い意味はないですよ。息子が愚痴を言ってきたのでお遊びで作りました。
一ケ月ですか、それにしてはすごいですよ。やはり勉強の成果が出ていると思います。
私も20週を勉強して型を学びました。まだまだですが、とにかく俳句を楽しむことが一番でしょうか。

御句季語にかなを付けない型ですね。
私は良いと思います。
先輩の意見も待ちましょう。
これからもよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶ひらり金木犀とキッスかな」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

夜霧の句と干芋の句の添削ありがとうございます。
誤読に詠めるとはコメントを見るまで気づきませんでした。確かに居酒屋が並んでいると詠めます(汗)
添削句はとても勉強になります。
「兄と並ぶ」はその通りの実体験です。
「夜霧」はなおじいさんのコメントにもありましたが、怪しげなのですね。覚えておこうと思います。
「ありうべき嘘」のページは読みました。
やはり全て実体験で詠むのは、詩になりにくいなと思いました。

干芋の方は、いるかさんのアドバイスのおかげです!とてもとても感謝しています。
簡単には作れませんでしたが、何とか詠めました。

御句の感想です。
とても詩を感じます。物語や絵画の世界の風景が想像できます。
良い句だと思います。

点数: 0

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

端午の日兜大きな童かな

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

星冴ゆる背丸くして帰路独り

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

約束の布団買えずにうなだれる

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶ひらり金木犀とキッスかな』 作者: 鈴屋いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ