俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

靴紐と髪結い跳ねて花野風

作者 舞矢愛  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏が過ぎ秋が来てこれから長い冬が来るなあと思いながら、それまでに元気よく健康のために走っておこうと勢いをつけて走り出す感じを表現してみたかったのですが。。。

最新の添削

「靴紐と髪結い跳ねて花野風」の批評

回答者 鈴屋いるか

舞矢愛さん、こんにちは

御句、「花野風」に「跳ねて」ととても風靡で躍動感あふれる句だと思いました
ただ、少し役者が多いという指摘はすでに皆さんので出そろっていると思いますので、参考句だけ読ませていただきます
・花野風背中押されて走りたり
・ジョギングの跳ねたる髪や花野風

今後ともよろしくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「靴紐と髪結い跳ねて花野風」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。
前の句も拝見しています。

この句では「跳ねて」が何のことかわかりにくいですね。

コメントを読めば「跳ねて」というのは自分だと思うのですが、【靴紐を結びました⇒髪を結いました⇒自分が跳ねました】という順序を追い過ぎていて、説明っぽくなってしまっているのが気になるところ。
なんで急に「自分が」と主張し始めるのか、というのも気になりますしね。

俳句としてはもう少しシンプルにして、説明を減らして、受け手の理解を信用してもよいのではないかと思います。

・靴紐を結び花野風の中へ

どうしても「走る」を描写説明したいんだ!というのであれば、逆に「靴紐を結ぶ」で音数を使わずに「走る」方へ描写を寄せればいいのではないかと。

・早暁を花野の風となり走る

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「靴紐と髪結い跳ねて花野風」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは👋😃
こんなのは、どうでしょうか。

靴紐と髪をきりりと花野風

ただ「花野風」ですと野原をのんびり歩くイメージが私にはあります。(*^^*)

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「靴紐と髪結い跳ねて花野風」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

舞矢 愛さん、こんにちは。
前句への私のコメントに気持ちのいいお礼をくださって、逆にお礼を申し上げます。こちらこそ有難うございました!

さて御句拝読しました。先の方々もおっしゃっていますが、ちょっとバランスが良くない点があるかと。

まず、靴紐と髪を一緒に「結って」しまっています。
突然、「跳ねて」しまって驚きます。
まして花野を。

おっしゃりたいことは、コメントも合わせて十分に伝わりますが、私は、二句に分けてもいいのではと思いました。

・花野抜け靴紐締めてラン開始

あまり花野は走りたくないので(笑)、抜けてから走り始めようかと。

・花野ゆくポニーテールを揺らしつつ
・髪まとめ秋の野原を駆け抜ける

どれもイマイチか、すみません。要は俳句は、
「あれをしてこれをしたあとそれをする」
だと上手くいかないということです(笑)!

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

吾子が手をひらいて見ゆは幾楓

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

抱き飽きた猫を抱きたる四日かな

作者名 イサク 回答数 : 10

投稿日時:

NISAとか美味い話の師走かな

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『靴紐と髪結い跳ねて花野風』 作者: 舞矢愛
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ