俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鏡開母の冷たきかかとかな

作者 森 教安  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬に詠んだ句です。子供のころに冬でも母は裸足のことがあって、そのかかとが冷たそうで、ひび割れていました。今でもそれを思い出すと、切なくなります。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鏡開母の冷たきかかとかな」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
自分が子供の頃は真空パックになった鏡餅が普及し始めたころでお米屋さんのにしろ自家製のにしろ鏡餅というのは鏡開きの時にひび割れがいっぱい入っていました。おそらく森さんのお母さんのひび割れだけでなく白い足をされていたのだと察します。新年の御目出度い季語をどう扱うかは別としてこの句は鏡開きと冷たきで季重なりです。季重なりの句には季重なりである必要性や説得力が必要になります。また胼(ひび)という冬の季語もあります。再度練り直しが必要と思います。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「鏡開母の冷たきかかとかな」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんばんわ。句のカタチは俳句らしく整っていますしイメージも伝わります。でももう一歩踏み込まないと報告句の範囲内のような気がします。板の間だと足が冷たくて当たり前と思われても仕方ありません。むしろ足のひび割れにまで焦点を当てたほうが詠み易いかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ドア開けて今日の一歩目風さやか

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

濡れた髪塩素もかおるホームルーム

作者名 煉獄千寿郎 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

松の芯ぴんと立たる門潜る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鏡開母の冷たきかかとかな』 作者: 森 教安
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ