俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こいのぼり我子泣いて乳歯見せ

作者 舞矢愛  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こいのぼりを見て大きな口を開けて大泣きした我が子に歯が生えてきたのを発見し、成長の早さに驚いたときの様子です。

最新の添削

「こいのぼり我子泣いて乳歯見せ」の批評

回答者 なおじい

舞矢 愛さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。5月らしい爽やかな句ですね。
俳句は季節を大事にしますので、できれば秋または冬の句が良かったですが、初めてですし、ここは道場、練習の場ですから大丈夫です。

先に海郷さんがアドバイスを書いていらっしゃいますね。海郷さんのコメントは実に的確ですので参考になさってください。

私からは、ちまちました感想を。
この構成であれば、季語の「鯉のぼり」は、上五でなく下五に置くといいですよ。「や」で切れを入れるにしても、切れ字を入れなくてもスムーズに切れますから。
また、「我が子」とすると音数的にはいいですね。他の子はいざ知らず、自分の子の成長に限りない喜びを感じて胸が一杯になる様子が見えてきます。
「乳歯」とまで言わなくてもいいかもしれません。子どもの口を見てまず思うのは、「あっ、歯が生えてきた!」ということでしょう。いきなり永久歯から生えてくる子はいませんしね。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「こいのぼり我子泣いて乳歯見せ」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

舞矢 愛さんはじめまして。
土谷海郷(つちやみさと)と申します。
よろしくお願いします。

我が子の歯についての句といえば、中村草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」を思い浮かべますね。
御句ですが、中七「わがこないて」という読み方で正しければ字足らずです。
「見せ」とか「見え」というのは書かなくていい場合がほとんどです。見たから俳句を詠んでいるわけですからね。
個人的には、こいのぼりを見たから子供が泣いたというように因果関係を結びつける必要はないと思います。

季語をひらがなで書くのは子供らしさが出るので効果があると思います。
ですが「こいのぼり」の場合は全部ひらがなにせず、「鯉のぼり」ぐらいにした方がいいかもしれませんね。

・泣く吾子に乳歯生え初む鯉のぼり
・吾子泣けば小さき歯のあり鯉のぼり

吾子は「あこ」、小さきは「ちさき」と読みます。

これからも俳句作りがんばってください。

点数: 3

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「こいのぼり我子泣いて乳歯見せ」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんにちは。舞矢さん。
よろしくお願いいたします。

御句、読みましたところあえて、、我が子を入れる、必要は、ないのでは、ないか?と思いました。
何故なら、乳歯を見つけるのは、ほとんど母親だからです。
まちがっていたら、ごめんなさい。もっと、先輩がいらっしゃるので、批評を聞いて見てください。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒昴愛でに来いよと郷の親

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

御巣鷹に散りし御魂や流れ星

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

川端に亀の子だはし水の秋

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こいのぼり我子泣いて乳歯見せ』 作者: 舞矢愛
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ