俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ふくよかに浮けり金魚は飽食死

作者 加良太知  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

約一年半ぶりに投句を再開しました。
皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新の添削

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 げばげば

再訪です!
コメントありがとうございます。

中七がゆるいのですね!勉強になります!
実は年の暮もゆるゆるのままで投句を終わらせてしました!雑詠ばかりで、題詠がゆるくなってしまう。組長のところとN俳で題詠は精一杯になってます。どうせ送るなら、と思うけれど、
新年から頑張りますぜー!ありがとうございます(*'▽')

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。お帰りなさい。
その節は投げっぱなしで大変失礼しました。引き続き句友と呼んでいただきまして光栄です。

で、この句ですが、「ふくよか」と「飽食」の因果関係が気になりました。太った理由になっているのが気になりまして。
「ふくよか」と「飽食」どちらに作者のテーマがあるかで、出したい映像が変わりそうですね。
たぶん「飽食死」を残す方だと思うのですが、という提案句です。

・ふしあわせな丸み金魚の飽食死

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
この句はラジオまどんなでしたか。らじおで読まれてたの覚えてます。

句友と読んでいただいてうれしー。いつもTwitterでも鼓舞するコメントをくださってとても励みになってます。若いですかねー。私も20代で俳句に出会ってたらまっだまだやりたいこと詠みたいことあるかもと思ったりしたのですが、あのとき蓄積した俳句以外のことが今の俳句に生きていると思うので、年をとることも重要かなあと。雑詠のチャレンジがしたくて、青嵐のエッジの効いた感じが最適なのですが、年齢制限あるので、少し毛色は違いますが、角川と俳句界に参戦してみました。こちらはいろんな先生に見てもらえるのが刺激的ですね。

私は昨年この道場で俳句1句目を詠んで、そこから1年間毎日一句を投句しながらイサクさんなおじいさんをはじめ、いろんな方とあーでもないこーでもないと話しながら今があるような感じです😊😊また時間があるときは、ここのメンバーの句に意見コメントとかもらえたらうれしーです。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

加良太知さん、こんばんは。ちゃあきと申します。
諸先輩のように立派なコメントはできませんが、しゃしゃり出て来ました。
提案句だけ置かせていただきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
「飽食の金魚ぷかりと召されけり」

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

わ、加良太知さん、来てくれた!すごい!
わたしはちょうど加良太知さん来なくなってすぐくらいに来たんです、道場に!こちらでもよろしくです。いろいろ教えてください!

御句。青嵐俳壇っぽい空気感ですがあちらに出された句なのかなあ。食べ過ぎて浮いてる金魚に、今の飽食の時代への風刺も感じる句。赤白いふくよかな金魚の腹がてらてらで不気味だけど、今の時代はそんなもの。

青嵐って詩の純度高いし、俳句で新しいこと表現しようとしてで好きです。加良太知のあそこでの句では、日本に死刑ありが好きです。もう少し若かったら投句したかったなあ😆
ではよろしくお願いします🤲

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

加良太知さん、こんにちは。初めまして。昨年6月からこの道場にお世話になっているなおじいと申します。げばさんと入門同期、実力大差(もちろん彼が上)という関係です。よろしくお願いします。
加良太知さんのお名前は色々な句選でお見かけしています。ご活躍ですね。

さて御句拝読しました。なかなか深いです。単なる情景描写のようでいて、実は社会を風刺しておられるような句ですね。味わいがあります。

ただ私は個人的に、あくまで個人的にですが、「死」という言葉を使いたくないので、「浮けり」で死んでいるということはわかってもらえると信じ、次のように考えました。

・ふくよかに浮けり金魚の白き腹

お考えのことと違うかもしれませんし、月並みになってしまうかもしれません。こんな私ですが、今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふくよかに浮けり金魚は飽食死」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

加良太知さん、こんにちは。
再訪です。
拙句にコメント有難うございました。
お尋ねのツイッターの件ですが、私はSNS音痴で、そういうのを全然やっておりません。お仲間になれず残念ですが、この道場でのご交誼よろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

日照雨来てものともせずに松手入

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

行く春のポストの底の音かすか

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

東男少し勇気の日傘かな

作者名 宮武桜子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ふくよかに浮けり金魚は飽食死』 作者: 加良太知
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ