俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

草むらの俄かに来せし秋時雨

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

外を歩いて急に雨が降ってきた。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「草むらの俄かに来せし秋時雨」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは😐
コメントありがとうございました😉
季重なり、確信犯でした。「狸」が、冬の季語として深い季感を持つ人には、話しにならない句だったかも知れないですね。
別に「猫」でも良かったんです…😄

御句ですが、「来せし」の意味が分かりません…「来たる」の間違いなのでは…?
「草むらに俄に来たる秋時雨」
ただ、この句は、「秋時雨」という季語の、説明になってますかね…
まあ、"俄に来る"のが、時雨ですからね。
猫を入れましょう❗
「草むらに猫うずくまり秋時雨」
私のと、似たような句になってしまいました…😄

また宜しくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「草むらの俄かに来せし秋時雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。負乗さんがすべて言ってくださってますね。中七が季語を説明する言葉になるので、七音でまだまだやれそうですね。季語から入るとこういうことが起こりがちなので、むずかしいですよね、取り合わせって。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「草むらの俄かに来せし秋時雨」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

軒下に猫うずくまり秋時雨

ああ、また、お名前失念。
猫いれましょとアドバイスされたかたのヒントを得て作句しました。

あれ。佐渡の爺さんの句が跡形もなくなってる。
本当にすみません。m(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

息凍る夜歌心遠く今は遠し

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

留守番の愚痴にこたえよ梅雨茸

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

待ち人は来ず遠花火窓に果つ

作者名 おせっかい 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『草むらの俄かに来せし秋時雨』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ