俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

フラフープにも芋煮会にも飽きた

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、10/18は「フラフープ記念日」。と、お題「芋煮会」。

お題の俳句をまだ投じていなかった。某俳句道場の選外句は既に投句済で、自選没句というものも無し。さて…。

そうしたところにこの記念日。外遊びの道具「フラフープ」は芋煮会の会場(だいたい広い河川敷だろうと思っている)に持ち込めるのではないか、と作句。

大人が会の準備をしている頃、子ども達は外遊びに全力投球。これに飽きた頃に会が始まって、ものを食うことに全力投球。…とはいえ、主役が里芋の、普段の夕食の延長のような料理は子どもにとって特別に御馳走ということもなく、腹が満たされればそれだけのこと。酒が入って楽しそうな大人を横目に手持ち無沙汰。…といったイメージ。

まあ、芋煮会経験がないので、このイメージの大半は、花見の記憶の読替えなのだけど(花見の弁当も、外見は華やかでも、中の料理は普段の食事とそう変わらず…)。

最新の添削

「フラフープにも芋煮会にも飽きた」の批評

回答者 なおじい

長谷機械児さん、こんにちは。
御句拝読しました。
フラフープとはまた、懐かしいものが登場しましたね。当時、あまりの流行に、「やり過ぎると腸捻転になる」などと揶揄中傷が飛び交ったとか。買えない人や上手くできない人のひがみでしょうね(笑)。

さて掲句ですが、今一つよくわかりませんでした。季語に「飽きた」と言ってしまうのがどうなのか、その辺がよくわかりません。ご自身でも、ご経験がないからか、あまり楽しそうではないですが、なんだか季語が気の毒な気がします。
それは、掲句が子どもの視点とはわからないからということもありました。
確かに芋煮はそれほど特別な派手な料理ではありませんが、秋晴れの空の下、大鍋で煮込まれた具材を大勢で分け合って食べることに楽しさがあると思うのです。
そしてそうした点が季語にも含まれていると思っています。

ちょうどご自身でも、花見を引き合いに出していらっしゃいますが、「弁当も桜も飽きた花見かな」みたいな句があったとしたら、お弁当を作った方も、咲いた桜も可哀想な気がします。

それよりも、せめて

・フラフープ終えて腹ぺこ芋煮会

とかはどうかと思った次第です。

ちゃあきさんのフリスビーの句などは、子どもも楽しく遊び、大人も、鍋に飛び込んだことを「いいよいいよ、それも煮ちゃえ(笑)!」とか言って、笑って許している光景が浮かんできてとてもいい提案句だと思いました。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「フラフープにも芋煮会にも飽きた」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

長谷さん、こんばんは。拙句「雀蛤と~」へご意見ありがとうございました。
「兎が走る」というマンガに出てたんですが、海面に小さな白波がたくさん出ることを走っている兎に見立てて そう言うのだそうです。分りにくい句でスミマセン <(_ _)>

御句。フラフープと芋煮会・・・ あり得そうな光景ですね。ただ、飽きたとしてしまうと情景的には弱いのでは?
・フリスビー鍋に飛び込む芋煮会
勝手にフリスビーに替えてしまいました。(笑)
又よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

芋煮会親は鍋混ぜ子はフラフープ

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、「秋の果て」句で配合に関するコメントありがとうございました
頂いたコメントも参考にさせていただき今週は配合を課題に作句しています

本句につきましてはかなり難しい形なので私から技術的に言えることはないのですが、
感覚的感想として読み手がこの句の主体が子供だとたどり着くのにワンテンポ居る気がしました
句意から外れると思いますが主体を入れてみた句を詠んでみました
これからもよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春蘭やひと株庭の宝物

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

摘み草の髪飾り結う子が宝

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

新蕎麦をすすりながらの俳句論

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『フラフープにも芋煮会にも飽きた』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ