俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

市駅まで子ども三枚草の花

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、10/14は「鉄道の日」(1994年に「鉄道記念日」から改称。以来、JR以外の民間鉄道も含めての記念日)。で、松山の伊予鉄道の記憶から一句。

子どもの頃の切符の買い方は“電車内で車掌を呼び止めて買う”。最寄りの駅が無人駅で、一時期はこの買い方しかなかった(今はさすがに、あの駅にも券売機というものが設置されている)。

祖母の家まで親子で行く際には、私が切符を買う係となり、毎度毎度呪文のように「○○駅から××駅まで大人一枚子ども二枚」。

この呪文では音数が多すぎるので、別シチュエーションで。小学校高学年になると友人連れだって市街地に出かけることもあり、その想定の呪文を上五中七に。なお、「市駅」は松山市中心部にある「松山市」駅のこと。

電車内から見えるものを季語に、と考えて下五に「草の花」。空・雲、虫や鳥といったものも窓から目にすることが出来そうだけれども、もっと目線を低く、距離的にも近いものをと考えると、残っていたのは草だった。

(この季語で今投句しているからといって、俳句生活の兼題「草の花」のほうが万全という訳ではないですが…)

最新の添削

「市駅まで子ども三枚草の花」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

エリア的に「市駅」と呼ばれる駅がなく、どんなときに使われる言葉なのか調べるところからスタートです。

風景としては電車の中ではなく駅で切符を買っている姿です。
電車ではなく、「市駅までのバス」のチケットかもしれない。
親が窓口でこども用のチケットを三枚買っている、という姿に受け取りました。
とすると「草の花」が付近にあるようなそこそこ田舎の駅舎。わざわざ切符を買うならば昔の風景かも?というところまでは鑑賞がたどり着きます。

逆にこの句の情報量で「電車の中」と言われると、そこでとまどいます。
電車の中と季語「草の花」はあまり相性がよくないかも?
スピードの遅いローカル線が休耕田や河原などの近くを走っていくような風景、ということですかね?

右肩に枯野の冷気7号車/皆藤愛子
この句でも下五で「7号車」ときっぱり言うことで電車の中の風景が出て、「右肩」「枯野の冷気」へ戻り、映像が生きてくると思うので、そういう工夫が要ると思うのですが、ちょっと提案が難しいです。作り変えになってしまう。

・右窓に草の花市駅への切符

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「市駅まで子ども三枚草の花」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、そぞろ寒の句へのコメントありがとうございました
配合ならびに写生の精度は絶賛修行中です、、、
#今回も悪い癖の心象句もどきに近しいですね、、

本句につきましては感想のみですが「草の花」がすごいなと思いました
自分に足りない句景の詳細な詠みこみからくるものなのだろうと感じます
皆さんの句を参考にさせていただき写生力/鑑賞力を鍛えていければと思いました

これからもよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「市駅まで子ども三枚草の花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。もう草の花自選ボツ句ですかー、早い。これより良いんですもんねー。
草の花がいいですねえ。とてもいい句です。市駅は私の場合「和歌山市駅」になりますが、それでも、最寄りの駅や途中の車窓は草の花であふれています。子ども3人ではじめての繁華街なのかなあ、わくわくします😊😊このままいただきます。
俳句生活の草の花も楽しみです。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「市駅まで子ども三枚草の花」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、こんにちは。
御句拝読しました。
そのように伝えて切符を買う方式、懐かしいですね。私も子どもの頃はそれが当然でした。

私であれば、この上五中七で「草の花」という季語を持ってくる発想はありませんでした。
上五中七が駅か電車の中を想像させるのに対して、草の花は郊外の広々とした屋外のイメージだからです。

そんな私が考えた提案句は、切符を買う行先のイメージで。

・市駅まで子ども三枚美術展
・市駅まで子ども三枚秋巡業

秋巡業は、相撲が松山に来て、子どもだけで見に行くという想定です。

あ、でも、長谷さんは電車の窓から見える景色とのこと、そうか、線路ばたということですね。私は花野と混同していたかな…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

急ぐ帰路はぐれボタルの道案内

作者名 たぐちちえこ 回答数 : 2

投稿日時:

ご飯だよ呼べど答えぬ朝寝かな

作者名 いつき 回答数 : 1

投稿日時:

でで虫に負けじ子を乗せ立ち漕ぎす

作者名 菊水 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『市駅まで子ども三枚草の花』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ